White Stripes

Icky Thump/White Stripes

ホワイト・ストライプスの6枚目です。
巷では『革命的な1枚』とリリース時から騒がれているようですね。
Icky Thump
Icky Thump

知らない人のために説明すると、ホワイト・ストライプスというのはデトロイト出身のジャックと メグ姉弟2人組からなるアーティストで、過去のアルバムはグラミーを獲得してたりします。
サウンドはブルース・ガレージ・ロックの突然変異とでも言ったらいいいのか、聴く人にとってはアバンギャルドかもしれないですね。
僕は当初レッド・ツェッペリンの要素があると言われていたので手を出しました。
頑固なツェッペリン・ファン(ハード・ロック・ファン)は、受け入れられないでしょうね(笑)
まあ、両者ともブルースを基盤としているのは確かなのですが。

さて本作の内容はと言うと、いつものホワイト・ストライプスなのですが、ここまで進化してテンションの高いアルバムが出来るとは!
最初聴いた時は『ELEPHANT』や『Get Behind Me Satan』とカンジが違うのでノイジーさに少し疲れました(笑)
今までよりもギターもラウド&ノイジーで全編ぶっとんでます。
普通のポップスやロックが好きな人は永遠に良さがわからない、しかしはまれば最高なアルバムなんですが。
行き着くところまですでにいってしまった感もしますが名盤にカウントされそうな1枚に仕上がっていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Get Behind Me Satan/White Stripes

ホワイト姉弟、 ホワイトストライプスの5th。
前作のELEPHANTでは強烈&個性的なサウンドを見せつけてくれていたので今回も期待していましたが、 その期待通りというか、相変わらずというか。
存分に魅力的なメロディを発揮してくれていて、音楽性でも少し幅が広がった気がします。
Get Behind Me Satan
The White Stripes
B00097A5H2

それに不思議と聴いてると何となく懐かしいような感覚に陥ってしまいます。
徐々に聴くほど好きになれるアルバムなので結構深いんですよね。
木琴やなぜかマリンバやマンドリン?まで奏でているので、ギター中心の前作とも雰囲気が違っていて新しい感覚のおもしろい音になっています。
まずはシングルカットの1曲目Blue Orchidでインパクトあり。
個人的には好きなのは③My Doorbell。この調子だったら次回も楽しみです。
しかし、このアルバムタイトル怖くていいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)