The Beatles

Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band/BEATALLICA

今日はビータリカを!(笑)
メタリカとビートルズがついに合体!すればこうなる?
Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band
Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band

なんでも、ビートルズの版権を持っているSONY/ATW MUSIC PUBLISHINGが怒って、彼らのウェブサイトは一旦閉鎖に追い込まれてしまったものの、メタリカのメンバーが弁護士を雇って解決したらしいです。
僕はビートルズを死ぬほど愛しているのですが、メタリカを全然知らないビートル・マニアが聴けばどういう感想なのでしょうか?
僕はもちろんメタリカも大好きなので、このアルバムの感想はとにかく「楽しかった~!」の一言でしたが(笑)
アレとアレが合体したらこんなのになるか!とか、この曲名って(笑)など・・・。
両バンドを知っていれば知っているほどなおさら笑えますね~。
個人的には⑬And Justice For All My Lovingがお気に入りです。
フェスかなんかでビータリカが来てくれれば絶対に観たいです。
(というか笑いたいのかも?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

レゴでビートルズ!

070326thumb140x140_429362159_a24bc9ビートルズが好きな人や面白いネタが好きな人は一度見てください。
レゴでビートルズのあのアルバムのジャケットを再現しています。
レゴでビートルズで見れます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスはやっぱりビートルズのLOVE

今日はクリスマスイブということで、僕はやっぱりビートルズLOVEがピッタリきます。

ちょうどオフィシャルで「Within You Without You / Tomorrow Never Knows」のPVが見れるのでさらにクリスマス気分に浸ってみてもいいですね!
Within You Without You… 
他にも製作ドキュメンタリーやアルバムの試聴もできます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コンサート・フォー・ジョージ

ビートルズ・ファンでまだ観ていない人は明日にでも買いましょう!
それぐらい素晴らしい内容のコンサートなのです。
コンサート・フォー・ジョージ
コンサート・フォー・ジョージ
 

会場はロイヤルアルバートホール。
参加ミュージシャンもポール・マッカートニー、リンゴ・スター、トム・ペティ、ジェフ・リン、ビリー・ブレストン等と、音頭を取ったクラプトンら親交の深かった人ばかりで(ジョージの息子も参加)商業色は一切排除しています。
ジョージに敬意を払い、エゴを捨ててただ天国にいる亡くなった親友のために全員が一丸となっての魂のこもった歌・演奏でコンサートは進行していきます。
なかでも大親友のクラプトンの熱いジョージへの思いは画面からでも十分に伝わってきます(涙)

圧巻なのはやはりポールが登場して『サムシング』をウクレレで演奏→クラプトンへとつなぎ、『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス 』での演奏でしょうか。
リンゴがドラムを叩き、なんとポールがバックをつとめ、クラプトンのギターが泣きまくる素晴らしい演奏!
涙は出てくるし、見終わってからはもう放心状態ですよ。

ジョージを好きであればあるほど、涙の量は正比例する?のかどうかは分かりませんが、ここにいた会場の人達はとても幸せそうで、天国のジョージからも「ありがとう!」という声が今にも聞えてきそうです。
インタビューで「ジョージは会場に来ている」と言っていましたが、事実でしょうね。ジョージ最高!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Love/The Beatles

今日はこの間の記事にも書いた、まさかのビートルズの新作の「LOVE」のレビューを・・・。
Love
Love

このアルバムは年代、ビートルズファン歴などによってかなり感じ方は違うのではないかと感じるアルバムに仕上がっていると思います。
大別すると~
1.頑固な否定派-神の領域に踏み込むなと思うような人。
2.肯定派-アンソロジーぐらいからビートルズ関係のリリースをひとまず楽しんでる人。
3.1と2の中間の人-内容がよかったらいいんじゃない?聴いて判断しますという人。
4.ビートルズはマニアでないけれど話題なので買ってみるという人-発売日である11月20日付けのオリコン・アルバム・デイリー・チャートで1位を記録しています。
といった感じではないかと思うのです。
僕は最初は1の反対派だったのですが、最初にラジオで免疫がついていてかこのアルバムを買って聴く頃にはなんか気楽に楽しんで聴けました。
ビートルズなので内容は悪いわけがなくて、かと言って歴史に残る名盤でもないし。
まぁ、企画盤と考えればかなり面白い出来だとは思います。
 この曲とあの曲がこうなるのか!このバージョンがこんなところに!
 音がクリアになって最高!やはりビートルズは最高!
・・・以上が僕の第一印象です。
個人的にはDrive My Car/The Word/What You're Doing のアレンジはゾクゾクしましたね~。
ただ、あまりビートルズを聴いたことがない人にこれがビートルズと思われるのは嫌ですし、オリジナル・アルバムをあまり聴かない人が聴くと面白みが半減します。
(アンソロジーもそうですが)そういった意味では困ったアルバムでもあります。

ただ一ついえることは、ビートルズの凄さが改めて分かったというのはあります。
こんなバンドは今後も絶対出て来ないでしょうし、アルバムのトータル性、楽曲の良さは40年以上も前にして完璧で超えれない領域でしょうね。
多分ファンの人が絶対に思っているのが今回の音源を聴いて、早くリマスター盤を出して下さいという事かな(笑)
まあ内容は別にして音がクリアになっていますし、いいアルバムには違いないとは思います。
ただ、そうは言っても末永くつきあっていくアルバムでもありませんが。
厳しいことを言うのはやはりビートルズを愛しているのでどうしょうもないんです(笑)
個人的には日本でも「LOVE」を上演してほしいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

賛否両論、ビートルズの新作「LOVE」

最近のニュースで「歴代のベストアルバム100枚」に多く選ばれていたビートルズですが新作「LOVE」これって実際どうなんでしょう?

ビートルズの新作というフレコミでリリースするのですが、単なる企画盤でシルク・ド・ソレイユのサントラとして発売するのならば、ここまでの議論はないと思うのですが、新作でリリース!ですもんね~。
何か初めてこのニュースを聞いた時僕は悲しくなったのです。
僕の大好きなビートルズが単にレコード会社の道具とされているようで・・・。
ネイキッドはまだ企画盤としては許せたのですが、これは違いますよね?
そもそも新作というキャッチ・コピーで宣伝するからココまで腹が立つというものです。

アホか!と思いながら、無条件に買ってしまう僕も問題なのですが・・・。
こんな人々によってレコード会社は支えられているのですね(笑)
策略と知りつつも買ってしまうというこんな人って結構多いと思いますが、みなさんどうですか?
Love
Love


ちなみに
「歴代のベストアルバム100枚」のニュース詳しくは歴代のベストアルバム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビートルズとメタルが好きな人います?

うちのブログは何かと趣味がごった煮的でかなり気が多いんです。
基本的にロック中心なのですが、メタル寄りで
メタリカ好きかと思えば、ビートルズを崇拝していて(ポール初のドーム公演は東京まで行ってます)ツェペリンも大好きで、レディヘやレッチリも好きで聴いてます。
(両バンド共ライブに行ってます)まあ、いいものはいいんですよね。
Butchering the Beatles: A Headbashing Tribute
Butchering the Beatles: A Headbashing Tribute
 

そんな僕のような人にうってつけのアルバムがリリースされます。
その名も『VA / Butchering The Beatles - A Headbashing Tribute』というオムニバスなのですが、内容はメタルアーティストがビートルズをカバーするというものなんです。
以前Beatallica(過去のビータリカの記事)というバンドを記事にして載せましたが、今回はかなり本格的です。
とにかく参加ミュージシャンが凄い!
ざっと挙げるだけでもレミー(モーターヘッド)、アリス・クーパー、イングヴェイ、スティーヴ・ヴァイ、ダフ・マッケイガンなどナカナカのメンツです。
こういう企画盤もたまに聴くといいですよね、結構楽しいんです。
ジャケはニヤリとする出来ですし。しかしメタルとビートルズが好きな僕のような人ってはたしてどれぐらいいるのでしょうか?
ストーンズとメタル好きな人は結構いると思うのですが・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Space Within Us - Live In The Usa 2005 /Paul McCartney

とうとう残念ながら日本には来てくれなかったポール・マッカートニーのツアー最新DVDがリリースされますね。う~ん、この曲目って実際どうなんでしょうか?
ライヴ・イン・ザ・US 2005~ザ・スペース・ウィズイン・アス~
ライヴ・イン・ザ・US 2005~ザ・スペース・ウィズイン・アス~

個人的には前回のツアーの演奏曲の方が好みですね。
しかし、Helter Skelter は嬉しいです。
今回も日本に来てくれる事を願っていましたが、前回が良すぎたので内心はホッとしているのも事実なんですが・・・。
いい印象のままでおいときたいからなんですが、とか言っていても来日すればどんな曲でも僕は観に行きますが(笑)
たぶんもう来日は当分なさそうなので今までの来日ライブ3回全部観れてよかったと思いますね~。
最近、プライベートで離婚騒動なんかで大変そうですが、ポールが輝くのはやはりライブ!
年齢を感じさせないパワーで名曲を歌いあげ、時にはパワフルにロックする姿は涙ものなんです。
もう一生ついていきますよ!ですが、もう一度だけでも観たいんでうすが(笑)
来年はザ・フーも来るみたいだし、ぜひポールも来て下さい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

衝撃の事実!ビートルズが・・・

Img_20060626t223828822 もうすぐビートルズが来日してから40年・・・。
ファンになった時からもう20年も経ったのかと思うと月日の過ぎるのはとても早いです。
ビートルズに関しては様々な研究がされ尽くしていて、今さらどうこうとかは言うつもりもありませんが、コレにはビックリしました。

 

なんと来日時にあのジョン・レノンが「シェーッ」をやっているのです、シェーッとは赤塚不二男さんの漫画「おそ松くん」で出てくるギャグなのですよ!
まさかなあ~と思う人はぜひ見てみて!
実際に雑誌「大人のロック」の33ページに載っております。
右の写真は大人のロック以外から偶然発見した同じ「シェーッ」をしている写真です。
非常に興味深いですね~!ブログもたまにはこんな内容でもいいですよね(笑)
ちょうど来日時のビートルズの様子をオリコンサイトで同じような記事を見かけました。
興味のある方はビートルズが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Capitol Albums: Vol.2/The Beatles

ビートルズのアメリカCapitol社から発表された編集盤の数々をCDで復刻するアーカイヴ・プロジェクトの第2弾が発売されます。
これは年代によって喜びが違うと思います。
内容はと言うと、60年代に正規のイギリス盤以外に各国で独自の編集盤が乱発されており、ややこしいので20年位前に全てオリジナルアルバム以外は廃盤となったのです。
Capitol Albums 2 (Long)
Beatles
B000EQHXQY


何故、今頃リリース?と不思議に思う方もいると思いますが、やはりこのLPを聴いて育った人も多いからだと思います。
僕がビートルズにのめり込んだ時にも店頭に置いてあったことを覚えています。
もちろん僕も少ないお小遣いでアメリカ編集盤を何枚か買いました。
懐かしくて買う人もいるし、後追いで知った人は買うべきでしょうし、音質が向上されているのも嬉しいところ!こうなったら、レアリティーズやハードデイズナイトやラブソングなんかもリリースしてください。
ですが、やはり一番いいのはオリジナル盤ですよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)