Radiohead

レディオヘッド大阪公演2日目に行ってきました!

081002 さっきレディオヘッド大阪公演の2日目を観て帰ってきました。
昨日の記事

写真は戦利品のTシャツとFoEの「The Big Ask」キャンペーンのポストカード。

今日はバンドの雰囲気も少し変わってリラックスモードへ。
セットリストも『In Rainbows』以外は昨日とほぼ変わっていて、大好きな『No Surprises』や『Karma Police』が聴けました。
そして、なんと『Just』をやってくれました!
もうこれが聴けたので本望です・・・。

セットリスト
1. Reckoner
2. Optimistic
3. There There
4. 15 Step
5. All I Need
6. You and Whose Army?
7. Weird Fishes/Arpeggi
8. The Gloaming
9. Videotape
10. Morning Bell
11. Faust Arp
12. No Surprises
13. Jigsaw Falling Into Place
14. Idioteque
15. The National Anthem
16. Nude
17. Bodysnatchers

encore1
18. Airbag
19. Knives Out
20. Just
21. Where I End and You Begin
22. Planet Telex

encore2
23. Cymbal Rush →Fog
24. Karma Police
25. Everything In Its Right Place

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レディオヘッド大阪公演初日に行ってきました!

1001_2 今日レディオヘッド大阪初日に行ってきました!

まずはあんまり関係ないですが、右のようなポスターがいっぱい貼ってあったので思わずパンフもらってきてしまいました。
レディオヘッドファンへモッシュ・ダイブ禁止の案内らしいのですが…ファン層的にポスターが無くても大丈夫な気が(笑)

会場に着き、グッズを物色後、しばらくして会場へ。
開演後すぐに前座が始まり30分ほど。
その後ツアーのあのセット組みなどで、だいたい7時半ぐらいから始まりました。
まず一曲目、15 Stepからスタートしました。
久しぶりのライブでもメンバーはご機嫌でいいカンジ。
全くブランクを感じず今までもまるでツアー中のようです。
途中でふと思ったんですが、『In Rainbows』全部が演奏されるかも?とちょっとビックリ。
個人的には昔の曲をもう少しやって欲しいという希望もあるのですが…。
それでも意外な曲も演奏されていて十分楽しめました!
とりあえずこのへんで今日は終了。
また明日も行ってきま~す!

セットリスト
1. 15Step
2. There There
3. The National Anthem
4. All I Need
5. Pyramid Song
6. Talk Show Host
7. Nude
8. Weird Fishes/Arpeggi
9. The Gloaming
10. Faust Arp
11. Videotape
12. Reckoner
13. Optimistic
14. Jigsaw Falling Into Place
15. The Bends
16. Exit Music
17. Bodysnatchers

encore1
18. House of Cards
19. Climbing Up The Walls
20. Paranoid Android
21. Dollars & Cents
22. Everything In Its Right Place

encore2
23. Like Spinning Plates
24. Lucky
25. Idioteque

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ、レディオヘッド大阪公演!

4年ぶりの来日公演、レディオヘッドの大阪公演まであと2日となりました。
僕は大阪の2days行ってきます!
(東京の国際フォーラムに行ける方、本当に羨ましい限りです…。)

最近のセットリストを見ていると毎回半分以上入れ替わっていますが、お気に入りの『KID A』や『AMNESIAC』からの曲を多めにやってくれたら嬉しいですね。
『In Rainbows』からはだいたい6・7曲ぐらいですね。
8月30日にロサンゼルスで行われたパフォーマンスでは30曲近い曲が演奏されたみたいなのですが、久しぶりの公演の大阪ではどうなるのでしょうか。

その他のレディオヘッド関連の記事は→レディオヘッド記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

In Rainbows/Radiohead

レディオヘッドのニューアルバム『In Rainbows』、10日オフィシャルサイトでダウンロードが開始になったので、早速ダウンロードしました。やっと新作を聴くことができましたね。前作から4年、個人的には長かったですね!感激です。
In Rainbows
In Rainbows

彼らは新曲をライブで披露していたので、僕が知っている曲も中にはあったのですが、全部通して何度も聴いていると、じわじわ心地よくなってきて、だんだん中毒的に他の音楽がなかなか入ってこなくなってきます(笑)
ライブでよくやっていた曲①15STEPや③NUDEはもともと好きだったし、⑤ALL I NEED、⑩VIDEO TAPEなど全体的に優しいメロディーがあふれているので、聴いていると包みこまれているみたいで癒されます。涙腺もゆるむカンジですね。
⑧HOUSE OF CARDSの出だしはまるで、Peter Bjorn And JohnのYoung Folksのように一見爽やかな曲もあります。
今作はこれまでのバンド色はやや薄くなっていて、トムのソロThe Eraserの宅録的で全体的にしっとりした印象なのですが、レディオヘッド特有の中毒性は健在です。
聴きこめば聴きこむほどはまってしまう、ということでさらに聴きこみます!
オフィシャルのダウンロードページはIn Rainbowsダウンロードから行けます。
英語ですが、簡単にダウンロードできますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Eraser/Thom Yorke

今日はやっと聴きこんできたレディオヘッドのトム・ヨークの初ソロアルバム「The Eraser」を。
やっぱりレディオヘッドっぽいんだけどまた全然違って、僕がトムのソロってことで予想していたモノとも少し違いました。
The Eraser
The Eraser


最初聴いた時はあまりよくわからなかったし、ちょっと肩透かしにあったような感覚でしたが、何度も聴いていくうちにレディヘのような全体のまとまりがあるのがわかってきて軽い麻痺のような感覚になってくるんです。
今回は僕も大好きなKID Aあたりを期待していた人も多いと思うんですが、個人的にはKID Aよりもストレートでシンプルなのでわかりやすいし、いい意味で裏切られたかなってカンジです。
僕が想像していた陰鬱というよりは、むしろトムの「素」のままのアルバムのようで、レディオヘッドから解放されて自由にやれるからか歌声までのびのびとしていて楽しそうだし爽やかにも聴こえてくるから不思議なんです。
レディオヘッドとしてはまず聴けなさそうな曲もあるのでまだ聴いてないって人はぜひ聴いてみてください。
とくに④Black Swan⑥Atoms For Peace
⑧Harrowdown Hillあたりが僕は気に入ってます。
コレは夜中にヘッドホンして聴きたいアルバムですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

レディオヘッドのセットリストは?

5月6日にコペンハーゲンからクラブ・ツアーをスタートさせたレディオヘッドですが、セットリストが発表されていましたね。

まずビックリしたのは「Pablo Honey」から「Hail To The Theif」までまんべんなくファンが喜ぶような曲がブレンドされてピックアップされていることです。

それにライブでほとんどやらない曲として有名だった「Let Down」が入っていることにも驚きです。
個人的には「Just」をぜひやってほしいんですが・・・。

ちなみに気になる新作In Rainbowsからは「4 Minute Warning」「Bangers 'N' Mash」「15 Step」等8曲披露したそうです。来日が待ち遠しいですが、いったいいつ?
その他のレディオヘッド関連の記事は→
レディオヘッド記事

5/6 Copenhagen セットリスト
Everything In Its Right Place
Planet Telex
Bangers 'N' Mash
Open Pick
Karma Police
Black Star
Nude
15 Step
Street Spirit (Fade Out)
A Wolf At The Door
The Bends
4 Minute Warning
Pyramid Song
House Of Cards
Idioteque
Spooks
There There

encore1
Bodysnatchers
You And Whose Army
Let Down
Paranoid Android

encore2
Lucky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レディオヘッドのツアー日程は?

今のところ来日時期はまだわからないレディオヘッド。今のところ決定しているツアー日程をざっとまとめてみるとこんなカンジです。
欧州・北米ツアー目白押しですね。
そして日本ツアーですが、来日はフェスではなく単独が濃厚になってきましたが・・・?
とにかく今は新作発表&来日かなと楽しみにしていますが・・・。
ちなみに、WOWOW AZ ステーション BBCミュージアムにて過去のBBCの所蔵する音源が24時間聴けますね。今試聴可能なのはレディオヘッドの他にもニルバーナ、オアシスなど。BBCミュージアム

5/1 The Big Ask Live(ロンドン)
5/6 KBホール(コペンハーゲン)
5/7 KBホール(コペンハーゲン) 
5/9 ハイネケン・ミュージックホール(アムステルダム) 
5/10 ハイネケン・ミュージックホール(アムステルダム) 
5/12 エンプレス・ボールルーム(ブラックプール)
5/13 エンプレス・ボールルーム(ブラックプール)
5/15 シヴィックホール(ウォルバーハンプトン)
5/16 シヴィックホール(ウォルバーハンプトン)
5/18 ハマースミス・アポロ(ロンドン) 
5/19 ハマースミス・アポロ(ロンドン)
6/1 
タワー・シアター(アッパー・ダービー)
6/2  タワー・シアター(アッパー・ダービー)
6/4 
バンク・オブ・アメリカ・パヴィリオン(ボストン)
6/5 
バンク・オブ・アメリカ・パヴィリオン(ボストン)
6/7  ハミングバード・センター(トロント)
6/8  ハミングバード・センター(トロント)
6/10 サル・ウィルフレッド・ペルディエ(モントリオール)
6/11 サル・ウィルフレッド・ペルディエ(モントリオール)
6/13 マディソン・スクエア・ガーデン・シアター(ニューヨーク)
6/14 マディソン・スクエア・ガーデン・シアター(ニューヨーク)
6/17 ボナルー・ミュージック&アーツフェスティヴァル(マンチェスター)
6/19 オーディトリウム・シアター(シカゴ)
6/20 オーディトリウム・シアター(シカゴ)
6/23 グリーク・シアター(バークリー)
6/24 グリーク・シアター(バークリー)
6/26 ベイサイド(サンディエゴ)
6/27 ベイサイド(サンディエゴ)
6/29 グリーク・シアター(ロサンゼルス)
6/30 グリーク・シアター(ロサンゼルス)
8/12 シゲット・フェスティヴァル(ブダペスト) 
8/15 ロック・オズ・アルル(アヴァンシュ) 
8/19 Vフェスティヴァル(チェルムズフォード) 
8/20 Vフェスティヴァル(スタッフォードシャー) 
8/22 メドゥバンク(エディンバラ)
8/24 マーレイ・パーク(ダブリン)
8/25 ロック・オン・セーヌ(パリ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レディオヘッドがフェスに参加決定!

色々な情報が耳に入ったので報告します。
まずはスマパンが再結成するらしい、
これには僕もやや複雑です。
復活するのならそれに相応しいアルバムをぜひ発表してほしいですね。
そして・・・レディオヘッドのツアー情報です。
やはりアルバム発表前からツアーを開始するらしいのです!


なんでも6月19日にシカゴのどこかで会場おさえを打診したらしいのですがダメだったらしいです。
理由は聞いたことのない楽団がリハーサルにおさえていたからって・・・はあ??
それに怒ったからかどうかは知りませんがまずはフェスの参加かららしいです。
日程は6月16日~19日テネシー州のボナルーフェスティバルのヘッドライナーです!
このフェスはスポンサーも付かずに、とにかく明け方までオールで音楽、演奏をガンガン続けるフェスらしいのです。
ここにベック、トム・ペティ、そしてレディオヘッドの参加が決定したらしいです。
日本にもフェスでまた来日ありと個人的には思うのですがどうでしょう?
ぜひフジロックで見たいです、楽しみですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

I Might Be Wrong/radiohead

2001年のライヴで収録された音源をもとに作られた唯一のオフィシャルライブ盤です。
KID AAmnesiacの中から8曲収録されています。
I Might Be Wrong
Radiohead
B00005QXXO

衝撃のエレクトロニカサウンドの2枚対のアルバム発表後のライブ盤です。
実際のライヴに行ったことがある人はもうご存知だと思いますがこのライブ盤からもわかると思うのですが、レディオヘッドはアルバムにはあまり感じないハードさがあり、ライブはかなり盛り上がります。
これまでも1ステージごとに気持ちのこもった演奏だし今後もそう期待したいです。
何度か聴いていくほど味が出てくるKID A&Amnesiac2枚のアルバムのようにこのライブ盤もボーっとしたまま聴けているといい感じです。
個人的にはライブ盤を他にも出してほしいのですね。
とくにライブDVDはオフィシャル盤でまだ出ていないのですごく出して欲しいです。
ただこの思いはなかなか叶いそうにないですが・・・。
アルバム未収録曲音源のTrue Love Waitsでラストを締めくくるのである意味貴重だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

AMNESIAC/radiohead

RadioheadのKIDAと同時期にレコーディングされた曲で構成されたアルバムです。
KID Aと同様にこのアルバムも全体的にエレクトロニカサウンドが強く、OK COMPUTERまでのギターサウンドをほとんど排除している作品です。
Amnesiac
Radiohead
B00005B4GU

最初聴いたときには「TheBends」から入った自分にとってはあまり理解ができなかったですね。
ずっとKIDAと比べてもこのアルバムの曲にはなかなか入りずらいしわかりずらいと思っていました。
ところがある日フランスの音楽番組でトムとジョニーのアコースティックライブの映像をブートDVDで観てからはガラッとその考えが変わってしまいました。
1番最初に演奏した"I Might Be Wrong"があまりにもカッコいい!いいじゃないですか!
それからすっかりはまってしまって、それ以降は他のアルバムよりもむしろよく聴いていて、気付けば大好きなアルバムになっていました。
KID Aと一緒に聴いてみるとまた一味違って聴こえてきますね、不思議と。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

より以前の記事一覧