Pink Floyd

驚異/Pink Floyd

アートワークは元ヒプノシスのストーム・トーガソン、日本タイトルは『驚異』これだけでピンク・フロイドファンだけじゃなく、ロック・ファンは買いでしょう!ずっと待ち望んでいたPULSEのDVD化なんです。
Pulse (2pc) (Dig)
Pulse (2pc) (Dig)

音と光の洪水とはまさにこのライブのためにある言葉と思えるほど、素晴らしい内容に驚愕です。
そして、ライブ中のスクリーンの映像、かなり凝っていて圧倒されます。最初にこのライブを見た時は衝撃かなり受けました。
それに1曲目の”Shine on You Crazy Diamond”のイントロから、強烈に引き込まれてしまいますね。カッコよすぎです。
このDVDの見所は何と言っても狂気をまるまるライブで再現するという試み。最近のアルバムの再現ブームの先駆けはこのピンク・フロイドの影響なのでしょうか。

まぁピンク・フロイドに関して言えば、一般的にちょっととっつき難くて小難しい印象がありますが、この作品はエンター・テイメントしていて、最近のロック好きな人にも受け入れられるぐらいわかりやすいですよ。
もちろん映像と音のよさでフロイドオールド・ファンは涙するでしょう。
後世に語り継がれるツアーというのはこういうものだと断言できる内容です。はっきり言って芸術の域に達しています。
こちらが日本盤(字幕付)
驚異

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デヴィッド・ギルモアの新作は深い!On an Island/David Gilmour

デヴィッド・ギルモアの22年ぶりのアルバムがイギリスで1位!
ツアーでは全公演がソールド・アウト!
ライブは2部構成で1部は新作から全曲、2部ではピンク・フロイドからの名曲等やマニア向けの曲まで演奏しているらしいです。
このギルモアの新作を聴きましたが奥が深いです。
On an Island
David Gilmour
On an Island

まさに音楽人生の総括的なアルバムで、ギルモアらしいアルバムに仕上がっていて、ピンク・フロイドファンはもちろん初めて聴く人も大満足ではないでしょうか。
ジャケもカッコよくてとても好きです。このアルバムは仕掛けがあってなんと絵本仕立てになっているので、とても夢があって素敵です。きっと届いて手に取るとびっくりする作りになっていますよ。
深い音楽が好きな人はぜひ聴いて見てください!優しい音楽です~。
しかし、残念ながら日本公演はないとのことです。とても残念です・・・。
フェスででも来てくれないでしょうか?

試聴On an IslandセットリストOn an Islandセットリストで見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂気/Pink Floyd

僕が今年に入って初めて聴いたCDはコレ。
ピンク・フロイド狂気です。
ロックが好きな方ならジャケットを見たことあると思います。
このバンドは複雑でとっつきにくくて、インテリなイメージがどうもあり最初僕はなかなか聴こうとしませんでした。
しかし、このアルバムは比較的ポップな曲もありすんなりと耳に入ってきました。
狂気ピンク・フロイド
Dark Side of the Moon 全曲試聴可
狂気(SACD-Hybrid)

このバンドのジャンルはプログレとくくられてしまい聴く人の幅をせばめているような気もしますが、このアルバムは本当に別格です。
1曲1曲がいいのはもちろん、曲の構成なども完璧で、1曲目から聴く人を別世界へ連れて行ってくれ、とても深い深い底なしのようなのこのバンドの魅力に気づくはずです。
チャートで言うと全米アルバムチャートに570週ランクインという快挙を成し遂げており、文句なしの70年代のロックを代表するアルバムです。
サウンドの特徴を書こうと思ったのですが、試聴で聴いてみて下さい。レディへなんかが好きな人におすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

エコーズ~啓示 ザ・ベスト・オブ・ピンク・フロイド/ピンク・フロイド

最近ウン億円のオファーを見事に蹴った
ピンクフロイドのベスト盤。
ジャケはにんまりとする出来ですよね。
ベスト盤というのはたいがいまとまりがなく、散漫な印象がしますがコレはよく練られています。
トップからラストまで不思議と統一感があり、じっくりと聴かせてくれます。
エコーズ~啓示 ザ・ベスト・オブ・ピンク・ フロイド
B00005QCG5

ライナーにも書いてますが、こんなベスト盤はピンクフロイドしか作れない!同感です。
どこかの雑誌に書いていましたが、ピンクフロイドがツアーすれば桁違いの経済効果が生まれるそうです。前回のツアーも常識破りでしたもんね。
僕はピンクフロイドにはそれほど詳しくないですが、万が一ツアーで来てくれれば観たいです。
レディオヘッドともよく比較されますが、こちらが元祖です。レディヘファンは聴きましょう。
しかし、このバンドはジャケ買いしてしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)