Paul McCartney

ポール・マッカートニーとデイヴ・グロールの共演!

いや~ビックリ!
ポール・マッカートニーが故郷リバプールでライブ。

しかも1曲目がThe Hippy Hippy Shake。
YouTubu→The Hippy Hippy Shake

そしてフー・ファイターズのデイヴ・グロールがギターとドラムで共演!
サプライズのトドメはなんと、A Day In The Life を演奏!
YouTubeを見て僕は鳥肌がたってしまいました。
素晴らしいです・・・。
YouTubu→A Day In The Life

お願いだから日本にも来日してやって下さい。あ~観たい!
この記事はポール・マッカートニーとデイヴ・グロールの共演!で詳しく見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポールのアルバムMemory Almost Full6月発売へ

ポール・マッカートニーのニューアルバムMemory Almost Full(メモリーズ・オールモスト・フル)が6月5日に米国で発売されます(日本は13日)
Memory Almost Full
Memory Almost Full

今回はあのスターバックスとコンコードミュージックグループが共同設立した音楽レーベル「ヒア・ミュージック(Hear Music)」から発売される第一弾CDということになっていて、全世界のCDショップとスターバックス各店舗で販売される予定とのこと。
スタバも好きだしポールも好きだからリリースされればそれだけの理由でスタバに行きそうです(笑)

アルバムの内容はビートルズやウイングスのようなポップ・ロック・ナンバーが満載らしいんです。
またPVはBjork 、 Rolling Stones、Radiohead、White Stripes などの作品を手掛けるミシェル・ゴンドリーが監督を務め、あのナタリー・ポートマンが出演するとのこと。
こうなってくると気になるのが来日公演。お願いだから来て~!ホントに今回が最後かも・・・(?)

最近のポールは泥沼離婚騒動やアホなファンが敷地内へ乱入したり・・・とあまりいいことがないだけに、ここでぜひ本業の音楽にて明るい話題を提供してほしいものです。

ビートルズ関係でいえばショーン・レノンのサマソニ出演が決定したり、Traveling Wilburysの再発があったりと話題は豊富ですね。

とにかくビートルズ・ファンの僕としてはこうしてポールが活動してくれれば嬉しいかぎりです。
アメリカやイギリスでポールのライブを観たいと思っている今日この頃です。続報が入り次第またお知らせします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Space Within Us - Live In The Usa 2005 /Paul McCartney

とうとう残念ながら日本には来てくれなかったポール・マッカートニーのツアー最新DVDがリリースされますね。う~ん、この曲目って実際どうなんでしょうか?
ライヴ・イン・ザ・US 2005~ザ・スペース・ウィズイン・アス~
ライヴ・イン・ザ・US 2005~ザ・スペース・ウィズイン・アス~

個人的には前回のツアーの演奏曲の方が好みですね。
しかし、Helter Skelter は嬉しいです。
今回も日本に来てくれる事を願っていましたが、前回が良すぎたので内心はホッとしているのも事実なんですが・・・。
いい印象のままでおいときたいからなんですが、とか言っていても来日すればどんな曲でも僕は観に行きますが(笑)
たぶんもう来日は当分なさそうなので今までの来日ライブ3回全部観れてよかったと思いますね~。
最近、プライベートで離婚騒動なんかで大変そうですが、ポールが輝くのはやはりライブ!
年齢を感じさせないパワーで名曲を歌いあげ、時にはパワフルにロックする姿は涙ものなんです。
もう一生ついていきますよ!ですが、もう一度だけでも観たいんでうすが(笑)
来年はザ・フーも来るみたいだし、ぜひポールも来て下さい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グラミー賞でポール・マッカートニーが演奏!

昨日グラミー賞授賞式をwowowで見ました。
今までグラミーは数えるほどしか見たことはないのですが、今回は見れてよかったです。
何とポール・マッカートニーが演奏!
10年位前にプレゼンターとして登場したことはあっても演奏はなかったはずです。


これだけでもすごい事なのですが、1曲目のFine Lineを演奏後に「初めてこのステージに立てました。今日はロックするぜ!」といってHelter Skelterを演奏!
この曲はビートルズのなかでも1、2を争うヘヴィなナンバーなのです。
いや~これにはビックリしましたね。
これだけでは終わらずにさらに極めつけはジェイ・Z feat.リンキン・パークのステージにポールが登場!
曲はYesterdayです・・・。
あ~見れてよかったです。
肝心の受賞はU2を中心に他にはマライア・キャリーやブルース・スプリングスティーンも出てました。久しぶりにグラミーもたまにはいいなと思いました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ポール・マッカートニーは王将を口ずさめる?

どこまでホントかはわかりませんが、小林克也さんが10年くらい前にポール・マッカートニーについてTVで言っていた話です。
ポールはいまだに村田秀雄の王将のメロディーを口ずさめるそうです。


小林さんがインタビューでポールを訪れた際に、ポールが王将のメロディーを口ずさみ出迎えたので小林さんもびっくり、何でその歌知ってるの?とポールに訊ねました・・・。
時は遡り、ウイングス来日時にマリファナ不法所持で捕まった時のこと。
獄中で他の囚人がポールに王将を歌って励ましたらしいです、するとポールはそのオッサンになんとYesterdayを歌い返したそうな・・・。
これまたうらやましい。
小林さんも言ってましたがやはりポール・マッカートニーという人はタダモノではないですね。
だって1度聴いただけで20年以上もたったあとでもまだちゃんと口ずさめるんですから。
ポールももちろんすごいが、ポールに王将を歌うか普通・・・。
その他のロック伝説はロック伝説をどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Chaos And Creation In The Backyard/Paul McCartney

ポールの新作、ようやく聴きこみました。
いいじゃあないですか!
個人的にはここ10年位の中では1番好きで、
ソロの中でも上位にきます。
Chaos and Creation in the Backyard
Paul McCartney
B000AL730O

コンパクトな作品集といった趣でキメの1曲というものはないのですが、聴けば聴くほどハマリ、
聴いているととてもリラックスできて心を癒してくれるような、そんなアルバムです。
後半からラストにかけて静かに盛り上がり
フィニッシュという構成もさることながら、まだまだこんなアルバムを発表できる才能に脱帽。
ちょうど秋にピッタリの作品で宅録の最高作と言っても過言ではない作品です。
きっとプロデューサーの力も大きいハズ。
(レディオヘッドのプロデューサーで有名な、ナイジェル・ゴドリッチです)
Beckなんかが好きな人にはぜひ聴いてほしいアルバムです。また明日も聴こ~っと。
ストーンズは春に来るようですがポールの来日はないのでしょうか・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

Flowers in the Dirt /Paul McCartney

最近新作が出た、ポールの1989年のアルバムです。
ファンにとったら来日記念盤といったところでしょうか。
(新作はまだ聴いてません)
やはりこのアルバムはエルヴィス・コステロと組んだことでいつものポールとは一味ちがう作品になっています。
Flowers in the Dirt
Paul McCartney
B000002UUM

①My Brave Faceでもう最高!といった感じですが、あとは結構落ち着いたナンバーで構成されています。
⑦Figure of Eightや⑧This Oneがいいアクセントになっておりコステロならではのヒネリのきいた作風とからまって、やや静かですがいい作品に仕上がっています。
個人的には①はもちろん⑦があのドーム初日のオープニングナンバーということもあって、大好きな曲になっています。
今の季節にピッタリの味わい深い極上の一品、といった感じのアルバムです。早く新作が聴きたいです・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビートルズ、そしてポール・マッカートニー

Img_20050721t103227967 皆さんの心の支えになる映画や音楽はなんですか?
音楽だったら僕はまず、
ビートルズです。
落ち込んでいる時、行き詰ってる時、打ちのめされている時などは本当に助けられます。

目を閉じて聴いていると、不思議と答えを導きだしてくれるように感じて僕は癒されてしまいます。
ホント何度助けられたことか・・・。
Beatlesほど自分の心に響く音楽は他にはなくて、唯一無二の存在なんです。
もう10年以上の前のことなのですが、ポール初来日の時ほど感動したライブはありません。
あのポールが目の前にいるんですよ。
初日のせいか、ドームは異様な盛り上がりでした。
本当に本当にもっと聴きたい、素晴らしいライブでした。
僕は今だにあの時の事を思い出すたびに勇気づけられ励まされているんですよね。
高校生の時1人で大阪から行ったのですが、本当に東京まで行ってよかった。
まさか
AbbyRoadのラストが再現されるなんて思いもしなかったですし、自分がライブで泣くなんて思いもしませんでしたから。
最近の公演も仕事の都合で、大阪では見れず東京まで行きました。
そして、また泣く・・ ・ 。今度はぜひ大阪でも見たいです。
個人的には「And I Love Her」と 「For No One」 をやってほしいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (3)