Opeth

オーペス大阪公演に行ってきました!

オーペス(Opeth)大阪公演に行ってきました!
単独初来日、ここ大阪では初公演ということで期待大!

若干マニアック色が強くて複雑、怪奇&プログレッシブな音楽のため人気はいまひとつと思いつつ行きました。
そして、ここクラブ・クアトロの客入りはガラガラで会場中を自由に動き回れてopethの音楽に酔いしれようと思っていたのですが・・・。
なんと、お客さんがギッシリ!
男女比率は9:1ぐらいで、黒ロックTシャツと普通の服の割合は8:2(笑)でした。

ライブ中はほとんど身動きとれず。
最大限期待していって期待に応えられない、70分ぐらいの演奏時間でライブを終える、
ギャーギャーうるさい…だけのバンドが多い中で、このバンドはそういうバンドとは格の違いを見せつけてくれました!
2時間弱の完璧な演奏力で、アメリカのバンドには出せない北欧ならではのメランコリックで耽美的な音!
全てにおいて他のバンドとは次元が違う、僕たち観客をを別空間へと運んでいってくれました。
ここ大阪クアトロはとても狭い会場で、腰から上しか観えない、柱が邪魔、そして会場がとても暑いなど悪条件もありながら、それでも今回のライブは逆にそれがアット・ホームでメンバーも曲間にジョークを連発して、終始穏やかなムードで進行したのでとくに気にならず。

選曲は格アルバムからまんべんなくチョイス。
ただ個人的には最新作から沢山やってほしかったですが。
でもBreakが聴けたことが嬉しかった!
純粋に演奏力に感動しましたね~。
満員御礼は嬉しくも、ぎゅうぎゅう詰めなのが少々ツライ今回の大阪公演でした。
でも人気があるということなのでガラガラよりは全然いいのですがね。
次回来日する時は違う会場でマッタリと堪能したいと思った充実した2時間でした。
いや、マジな話何時間でも聴けるよいライブだったので、お金を払う価値がある希有なバンドだと思います。
おそらく今回のライブを僕と一緒に体験した方も同じ気持ちなのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Damnation/Opeth

最近僕がよく聴いているバンド、オーペス
これは全くラウドでなくて、静かなアルバムなのでよくこんなのリリースしたなというのが正直な感想です。
だって今までのアルバムと全然違ってウルサくないし、デスメタルの要素がなくてメロウ。
Damnation
Opeth
Damnation

こんなアルバムはメタルバンドの中にあってオーペスしか作れないと思いますし、知的でテクニカルで複雑でプログレッシブ!
スウェーデンの深い霧がかかった森から送られた1枚の音楽アルバムとでもいいましょうか・・・。
アメリカのバンドには絶対に作れない北欧らしい陰鬱というか霊気?のあるアルバムです。
いい声してて上手い!
いやあ~、いいバンドですよ。
こうなったら来日してほしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Deliverance/Opeth

スウェーデンのプログレ・デスメタルバンド、
オーペスの2003年のアルバムです。
これが結構イケてて、最近聴きまくっているんです。聴かず嫌いの偏見はよくありませんよ。
6曲で50分弱のアルバムで1曲1曲がとても長いのですが、長く感じさせないのです。
デリヴァランス
オーペス
B00008ILNQ

僕はプログレはちょっと苦手で少しとっつきにくいのですがこのバンドは引き込まれます。
静と動の対比が他のバンドでは決して感じられないカタルシスを味あわせてくれ、深遠なオーペスの世界へ連れて行ってくれます。
テクニカルで知的でラウド!こんなバンドなかなかいないです。
ピンクフロイド系統とメタルとデスメタルの融合の成功例です。是非!

| | コメント (3) | トラックバック (0)