Nine Inch Nails

Broken/Nine Inch Nails

僕はまだナイン・インチ・ネイルズのライブの余韻が冷めやらない。
毎日NINばかり聴いているのですが、やはりこのEPだけははずせないです!
Broken
Broken

凶暴&ノイジーな曲ばかり炸裂する本作は、もう今のトレント・レズナーには作り出せない狂気が宿っていて緊張感を醸し出しています。
特に「WISH」は最強!
この曲だけで買う価値ありの大傑作(だと思う)。
超攻撃的でクールなサウンドは本作で完全に確立されて、現在に至っています。
最近ファンになった人がコレを聴くとあまりのうるささにビックリするのでは?
これだけサウンドが凶暴なアルバムなのですが、実はポップなアルバムだというのも不思議ですが、また魅力がありNINの代表作といっても過言ではない出来になっています。

しかしNINのライブはよかった~、しみじみ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Nine Inch Nails大阪初日に行ってきました!

昨日行ってきましたよ!ナイン・インチ・ネイルズ大阪公演初日に!
ハッキリ言って、ファンな人で今回の公演に行かなかった人は一生後悔モノかもしれません。

ちょっと大げさかもしれませんが、ホントにそれぐらい完成度の高いライブだったと思います。スクリーンや派手な照明装置は一切ナシですが密度の濃いライブでしたよ~!
場所は今回ZEP(ゼップ)大阪で、ハコは小さいのでどこからでもよく見える会場でした。
客層は結構バラバラで、年齢層も若い人から30代ぐらいまでが中心で、外国人比率がかなり高い気がしましたね。かなり一人で盛り上がっている外人男性が僕の前でひたすら踊っていましたし。
入り口すぐのグッズ売り場で僕が買おうと列を並んでいる目の前でタオルが売り切れてしまって残念な思いでホールに入り、中心より前で場所を決め待つことしばし・・・。
前座の登場、でもう~ん。よくわからなかったし、前座は僕は疲れました・・・(笑)

そして前座の演奏が終わりついにNINの登場!
ヤバイ、このオープニングはカッコよすぎ!
あれだけの照明装置であれだけのことが出来るんですね。
幻想空間というか夢心地というか普通のライブの空間じゃなかった感じです。
セット・リストも僕的には完全に満足のいくもので、多少のバラつきはありますが各アルバムから色々と選曲されていました。
へー、こんな曲やるんだ~というのも何曲か入っていて何より観客のノリもよかったです!ギターは僕の方にダイブしてくるし、トレントもナマで見てみるとカリスマオーラがすごくて、魅せられますね。
彼らのライブはアンコールなしのまさにノンストップなライブなのですが、充分すぎるぐらいほとんどの人が満足したのでは?
今回の来日では毎日セットリストが変わるようで楽しみ&不安だったのですが、僕が聴きたいヤツは聴けたし大満足の大阪初日でした。何よりもう今日はやらない?とあきらめかけた「HURT」が聴けて感動でした!
「カンパ~イ」と誰かが言ってたのは記憶にありますが(笑)このライブの後の虚脱感だけはライブがよければよかった分、今日は現実に戻ったカンジできつかったです。
フルスケールのライブではなかった分、会場の一体感もあり完全にトリップした2時間弱のライブでした。

そして今日の最終公演はどうなっているのか気になってしょうがないですね~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Year Zero/Nine Inch Nails

トレント・レズナーによるNINの2年ぶりの新作をやっと聴き込みました。何より前作からわずか2年という短い期間でリリースされたのがまず驚きなんですが。
Year Zero
Year Zero

個人的には前作「With Teeth」よりも好みのサウンドで、ノイジーでいかにもの楽曲がこれでもかと16曲収録されています。
僕はNINを好きになったのは凶暴でノイジーなNINの名盤「
Downward Spiral」がとにかく中毒になってはまってしまい現在に至っています。
ただ「Fragile」からは楽曲が全体的に重くて暗くスローな印象で、際立った曲が沢山あるわけではなくて、アルバム全体で聴かせるというのがここ最近の特徴でした。
このバンドのサウンドや世界観が好きではないという方や、なかなか聴いてすぐにはよくわからないという人も多いのでは?

もう昔のようにキレてハイパーな曲がない変わりに、じっくりと脳に浸透するノイジーな曲がアルバムを支配しており、前作にはあった妙にポップな曲も見当たらずよく聴きこまないと全体が見えてこない・・・。
まあ②③なんかはかなりポップですけど。全体的にはファンキーな曲が多くて前作よりもハードなのは間違いないです。
ノイズ(ノイジーさ)は過去最高かも(笑)。どちらかというと前々作(Fragile)に似ているのでこのアルバムが好きな人は気に入るのは間違いないでしょう。
NINはもっぱら昼に聴くよりも夜にじっくり聴くアルバムであって、軽快に聴けるアルバムではないですね。でもこのサウンドが好きなら心地よく聴ける?
好みからいうと前半と後半に好きな曲が入っていて、中間はファンキーすぎだと思う。
まぁ色々と書きましたが、こういうサウンドでアルバム作れるのはこの人だけだと思うし、孤高の天才と言われるのは納得です。⑫なんかは好きですね~。
ただ今さらもう無理かもしれないけど「Downward Spiral」の路線でもう一度作って欲しいなあという気持ちもあるのは事実なんですが。
あの尋常ならざる暴力性の美学をもう一度、ぜひ味わいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Beside You In Time/Nine Inch Nails

NINの新作DVDの輸入盤を購入して国内盤よりも一足先に見てみました。
Live: Beside You in Time (Ws Ac3 Dol Dts)
Live: Beside You in Time (Ws Ac3 Dol Dts)


これは、ナイン・インチ・ネイルズが好きな人は絶対お買い上げだと思いますが、最近知って興味を持った人も買いましょう。
内容は僕が保証します。特典映像等も大満足です。
この人たちはただ演奏するライブではなくて(それも好きですが)
各曲に凝ったライティングや映像があって、曲によっては激しくてなおかつ繊細であったりとか、幻想的であったりを巧みに操っていて独特の一体感が味わえます。
かなりこの映像は魅力で引き込まれますよ~。
僕はアルバムは昔の方が好みなのですが、そんなことは関係なく最高の仕上がり。今年の来日時のライブもこんなカンジを期待してます!今から楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ナインインチ・ネイルズ、発売禁止映像ついにDVD発売

ゲッ!とうとう発売ですか。ナインインチ・ネイルズのこの作品。
当時日本ではあまりに過激な映像が満載の為販売禁止の97年にリリースされたVHS作品「Closure」、その作品がとうとうDVDとして発売されるそうです。
この人達(トレント・レズナー)の曲は繊細で過激で独自の世界観をもっています。


最近はややポップですがそれでも凝ったサウンドで僕は好きです。
映像もとびきり凝っていて一風変わったものが多いです。
ライヴドキュメンタリーとプロモクリップ集2枚組で、なんとライヴ映像にはデヴィッド・ボウイと共演曲のHeartが収録されるそうです。
ああ、楽しみですね。
しかし、サマソニ05以来は来日しないですね。
来れば小さいZEPPなんかで見たいものですが。
皆さんこの機会に聴きましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Downward Spiral/NINE INCH NAILS

昨日のサマーソニック大阪での出来事(昨日の記事は→昨日の記事でご覧ください。)があって頭の中をまだHurtがまわってます。ということで今このアルバム聴いてます。
90年代ロックの名盤でこのバンドの中で1番のお勧めアルバムです。
Downward Spiral
NINE INCH NAILS
B000001Y5Z

音は凶暴でラウドでノイジーで、歌詞は孤独で苦悩し絶望の中にいる、それでいてポップで聴きやすいのです。(まあ十分ウルサイのですが)
一音一音が繊細で心に響いてきて、 美しい!
好きな人にとったらたまらない神のようなアルバムで、時代を作った名作です。
10年以上前の作品なのに全く古くさくなくて今聴いても斬新な音です。
このバンドのすごいところはスタジオ作品だけではなく凄まじいライブ!
昨日のスリップノットが終わってからの待ち時間に大雨が降り登場する時にはやんだのですが、(たぶん僕も含めてファンはこの出来事に感動したと思います)こういう雨なんかこのバンドにはピッタリ、できれば雨の中のドライブ中なんかにこのアルバムを聴いてほしいですね。
話がそれましたが昨日は音だけ聴いててもオーラが出まくりで、たぶんホントに会場内にいた人は感動したのでは?
僕も最初から行けるのがわかっていればオープンステージに参加したのにと後悔してます。
このアルバムはたぶんこれからもずっと聴くと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サマーソニック05 NIN

今日はビックリです! こんなこともあるもんですね。
諸事情で南港に出かけたのですがそういえば今日はサマソニ
WTCの方へ行くと沢山の人だかり。車の窓を開けるとなんとSlipknotのPrelude3.0が聴こえてきました。

そこである考えが頭の中に・・・。もっと近くで聴こう!
ということで近くの場所を確保しに早速行きました。
ところがSlipnot終了後の待ち時間にとてつもない激しい雨が降ってきました。
それでもNINの登場までには何とか雨も上がり、周りも暗くなりNINにピッタリの雰囲気になりました。そして結局全曲聴いてきました。
姿は見えないのですが、そばなのでよく聴こえていました。
(会場内じゃないので音は少し割れてますが・・・)
いきなりpinion、wishが炸裂!
そして前半に僕の大好きなmarch of the pigsで爆発!
音だけですが、それでも予想以上に凄まじいライブパフォーマンスだったと思います。
その中でも僕が1番感動したのはhurtでしたね。
心に染みわたるボーカルなんです、もう最高!
この時近くの建物に飲み物を買いにいったら会場のスクリーンが少し見えてトレント・ レズナーが・・・。メチャメチャかっこいい。照明もいい・・・。
そして聴きいるうちに1stの曲へ。(曲名思い出せません…)
パーフェクトのパフォーマンスでアンコール無しで終了。あっという間の夏の夜の出来事でした。 僕の奥さんも感動してました。
もしあれば絶対単独公演行こ~っと。早く来てー!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

WITH TEETH/NIN

NIN久しぶりのニューアルバム。
僕はこんなアーティストは他にいないと思います。
例えば、サウンドに対するこだわりは尋常じゃないです。
ピアノの音にも感情が入ってます。歌の内容は内省的で繊細かつ孤独なんです。でも暗くはなくて、非常に聴きやすいんですよね。
タイプは違いますがradioheadにも通じるところはあります。
With Teeth
Nine Inch Nails
B000929AJQ

| | コメント (2) | トラックバック (1)