Motley Crue

モトリー・クルー大阪公演に行ってきました!

Motley モトリー・クルー大阪公演に行ってきました。

AIRBOURNが約30分、ゲストとして出演のBUCKCHERRY約50分熱のこもった演奏。
なんかお客さんは完全に前座扱いで、様子見といった感じでしたが2バンドとも好感もてましたよ~。
まあファン層がかぶらないのでしょうか?
ノリが悪くてコレで最後までいったらイヤだな~と思っていた矢先に、やっとモトリーが登場!

場内ウン千人の死体がイッキに復活したかのような?
凄まじいボルテージで大歓声・・・。
みんな完全にモトリー狙いなんですね~。
しかしモトリーって集客力あるよな。
スタンド上部はグルリと空いてましたが、全盛期が20年近く前なのにラウドパークのトリやこの不況の大阪で、ここまでお客さんを集めるのはたいしたもの。

内容は全くサプライズの曲はないもののビシッとまとめた約90分間で完全に期待に応えてくれた内容で満足でした。
それにトミーがテンション高い!
ステージから降りてきて「キチガ~イ」と言ってたのには笑ってしまった(笑)

メンバーみんな「マザー・ファッカー」連発でスタンド席にニッキーが中指を突き立てていました(笑)
前回の来日のようなサーカス的な要素は無かったですが、無駄を省いた怒涛のヒット・パレードで攻める今回のライブの方が個人的には好きですね~。
しかしこの人達はもう50歳に近いのにカッコイイです。特にトミー!

終演後の会場出てスグの公演告知の看板前で写真とる人多数!
係の人が「写真はここからお入り下さい」というのにはちょっと笑いました。
期待したものに100%以上で応えてくれるこのバンドは華があって、いつ観てももう一度観たいと思わせてくれるライブをやってくれる凄いバンドです。

話はそれますがファン・サイトによると来日早々ヴィンスがストリップ・バーに行って二人ゲットしたらしいです(笑)
ホントに好きですねこの人~(笑)

ちなみに、前回来日時のライブレポートも時間があればご覧下さい。

01. Kickstart My Heart
02. Wild Side
03. Shout At The Devil [ '97 Style ]
04. Saints Of Los Angeles  - Mick Mars Solo -
05. Live Wire
06. Sick Love Song
07. Louder Than Hell
08. Mutherfucker Of The Year
09. Don't Go Away Mad (Just Go Away)
10. Same Ol' Situation (S.O.S)
11. Primal Scream
12. Looks That Kill
13. Girls, Girls, Girls
14. Dr. Feelgood --- ENCORE ---
15. Home Sweet Home

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モトリー・クルー大阪公演に行ってきました3

昨日の続きで今日もモトリー・クルー
ここからは女性の方はあまり読まないほうがいいかも、です・・・。
(今回のライブはエッチな所が少しあったので)
まずはメンバー紹介、メンバー全員少し休憩といった感じのアットホームなもので、ニッキー・シックスとトミー・リーの2人で進行。
この2人はホントカッコいいです、トミーなんか全然変わってないし。


ニッキーがカメラで会場を映し、その映像がスクリーンに映り観客は大騒ぎです。
そのカメラをトミーが引き継ぎ、いろいろ映していて・・・。裏手に引っ込んでいたニッキーを撮るのですが、ここでニッキーが○○○を露出、その○○○が大画面に・・・本物だったのか演出のモノだったかはわかりませんが会場ビックリ!
トミーは「ジーザスクライスト」と笑いながら言ってました。そして何やらトミーが・・・どうやら「オッパイをだせ!東京では出たぞ!」と観客に。
で、大阪でも3人脱ぎました・・・。
スクリーンに大映しで会場は盛り上がり。
(男性だけでしょうが)
ニッキーも大喜びでした。
何年たってもこの人達は好きですね~。
どの曲だったのかは忘れてしまいましたが、
ヴィンスはダンサーの胸を嬉しそうに触っていました。
そして曲はS.O.Sからミックのソロへ。
(これが長い)Kick Start My Heartでステージに花火&火柱炸裂で本編終了
(もちろん全曲大合唱で爆発的な盛り上がり)
アンコールのAnarchyを演奏してダンサーやメンバー総勢10人位でお辞儀、みんなニコニコしてたなあ~。ここで全て終了、ああ~楽しかった!というのが僕の感想です。
今回のツアーに否定的な意見の人もいるかもしれませんがこうしてオリジナルメンバーを見れるのは何よりも嬉しいことです。
中でもトミーのドラムと存在感はこのバンドになくてはならないものです。
個人的にはオールドナンバーをいくつも聴けた
一部は特に好きです。(二部も好きですが)
願わくばまたいいアルバムをだしてツアーして欲しいです!
最終公演、横浜はソールドアウトみたいですし盛り上がるのでしょうねえ~。
あ~楽しかった、もう一度見たい!この思いは見た人全て一緒で帰途につくみんなの顔は幸せそうでした。ありがとうモトリー。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

モトリー・クルー大阪公演に行ってきました2

昨日の続きでモトリー・クルー
場内が暗転するとスクリーンにはよく分からない
モトリーの人形劇みたいなのが上映。
内容はよく分かりませんでしたがコレが終わりステージにはサーカスの人が登場
(先に登場だったかも?)
そして聴き覚えのあるイントロが・・・。


Shout at the Devil だ、と思った瞬間に幕が上がり会場はもうアンコールさながらの大歓声で大騒ぎ、それも当たり前でオリジナルメンバーがここ大阪に揃うのは15年?ぶり位ですから。
曲の全編で火柱が上がり続け豪快なオープニングで、それから何曲か続き、僕の大好きな
On with the Show が登場、この曲がまさかライブで聴けるとは数年前までは思いもしなかったです。そしてLooks That Kill で大合唱、そして前半最後のLive Wire へ・・・。
カッコよすぎの選曲で、みんな叫びっぱなし、
歌いっぱなしで僕はこのメタルな選曲に鳥肌が立ちっぱなし。
幕がまた下がり一部はここで終了。
(ここで整理しておくと今回のライブは二部構成で前半に初期の曲、後半はヒットパレードといった趣向でステージはサーカスとストリップ小屋が合体した感じでダンサーや小人がいます)
10分位の休憩の間にスクリーンにホラー映画みたいな映像が映し出されていて時間もカウント。このカウントが1分を切る頃には会場は騒ぎだし暗転、バイクのエンジン音が・・・。
そうです、Girls, Girls, Girls です。
そしてWild Side へ
(もちろん爆発的な盛り上がり)
Glitter~Without You~Home Sweet Homeと最高の流れに感動。
ニッキー・シックスのソロタイムへ、これがあまりよく分からなかったのですがニッキーはカッコいいのでまあいいか。記憶が正しければDr. Feelgoodをこのあたりで演奏?
ダンサーのお姉さん3人はミニスカナースで登場し悩殺。(曲によってはほとんど裸に近いです)
トミーの空中遊泳のドラムソロもなかなか楽しめいよいよメンバー紹介のコーナーへ。
というところで続きは明日書きますのでお楽しみに、長い文章は苦手です・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

モトリー・クルー大阪公演に行ってきました1

行ってきました!モトリー・クルーの大阪公演!
ワイルドでデンジャラスで卑猥なライブでした。
(ちなみに2008年のライブレポート←)

開演の30分位前に会場の大阪城ホールに到着し、グッズ売り場に向かうと、もうすぐ開演なのにかかわらず混雑していて売り切れのモノもいくつかありました。

中に入り自分の座席に向かい席を確認、僕の座席はアリーナのちょうど真ん中でかなり見やすい席でした。
5時をちょっと回ったくらいに場内暗転で前座のバック・チェリーが勢いよく登場!
あれ?バック・チェリーってこんなにカッコよかったっけ?と言うのが僕の感想で、持ち時間40分を全然ダレルことなくパワー全開で、攻めまくる勢いのある演奏に最初は静かだった観客も最後には拍手喝さいでかなり盛り上がってました。
今回の前座でかなりファンは増えたのではないでしょうか、この熱い演奏に場内はあたたまり、続くモトリーに期待する人達。
(待ってる間のBGMはAC/DCでした)
6時10分位前にアリーナ向かって右側のガイジン集団が騒ぎだし、それにつられて騒ぎ出すスタンドの人達。そうこうしているうちに場内暗転、バック・チェリーの時とは比較にならない位の大きな歓声で全員総立ち!
そしてスクリーンには・・・、明日へまた続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Too Fast For Love/Motley Crue

デビュー作でもあり、モトリー・クルーの中で僕が
一番好きなアルバムです。
このアルバムの良さは、何と言ってもいかにもワルが書く曲といった感じのグラムっぽいサウンドですね。
Too Fast for Love
Motley Crue
B00008OLIO

今でも演奏される①ライブ・ワイヤーは何度聴いてもカッコイイですよね。
今回のツアーでは、他の曲も演奏されているそうなので楽しみですよね。
2ndが好きな人だったりロックしてるモトリーが好きであれば必ず気に入るサウンドだと思います。
しかし、ジャケはあんまりかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Theater Of Pain /Motley Crue

今日もモトリー・クルーを聴きました。
僕の好きな曲は①⑤⑩です。
ですが、このアルバムは完全にアルバムの出来云々ではなく、②スモーキン・イン・ザ・ボーイズ・ルームと⑤ホーム・スウィート・ホームの2曲に尽きる、と思います。
特にホーム・スウィート・ホーム!この曲だけは今でも大好きな曲です。
シアター・オブ・ペイン
モトリー・クルー
B0000CD81Y

僕はガールズ~からリアルタイムで聴きこのアルバムは後追いで聴いたのですが、この曲を初めて聴いた時の感動は忘れられません、その時はモトリーの曲とは知らずに聴き後からモトリーと知ってビックリ・・・。こんなワイルドな人達にこんなに美しい曲が書けるなんてと。
PVも印象的でしたよね、この曲が青春の1ページと言う人は多いと思います。
なんか懐古的ですがこの曲だけは別格なんです。
そんな人いませんか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Dr Feelgood /Motley Crue

昨日に続きモトリー・クルー
89年発表の全米No.1の大ヒットアルバム。
このアルバムもまた内容よりビデオクリップと当時の素行の悪さが印象的です。
アルバム全編にわたってゴージャスできらびやかなロックで彩られています。
Dr. Feelgood
Motley Crue
B00008OLIC

このアルバムから大量のPVも作られて楽しめました。中でも個人的には⑥ウィズアウト・ユーのゴージャスなクリップとやはり②のかっこよすぎのDr・フィールグッドでしょうか。⑩も個人的には好きです。
この時のツアーは全米各地で大盛況で、その勢いでここ日本にも来日してくれて、ファンをノックアウトしてくれました!
この時は僕も見に行きましたが・・・最高でした!
あの時の勢い、感動をまた日本のファンに与えてほしいと思っているのは僕だけではないはずです。
個人的には1stアルバムが一番好きなのですが、このバンドにオーラがありとにかくカッコイイのはこの頃でした。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

Girls Girls Girls /Motley Crue

80年代が好きな人やハードロックを好きな人は一度は通過している1枚で、(次作も)モトリー・クルーを代表する一枚。
何と言っても①ワイルド・サイド②ガールズ・ガールズ・ガールズの二曲につきます。
また、ビデオクリップが強烈!
Girls Girls Girls
Girls Girls Girls

①ワイルド・サイドはストリップ小屋をイメージしたステージセットで360度回転のドラムセットが凄かった! NASAで開発されたドラムセットが前にせり出して回転するんですよ。
②ガールズ・ガールズ・ガールズはバイクを走らしてストリップに入って楽しむという放映禁止バージョンのクリップが印象的でした。
アルバムはあまり印象に残らないですがこの2曲があまりに強烈で今も代表曲です。
こんなオゲレツバンドでしたが、大人気でこのアルバムも全米2位の大ヒットでした。
来月の来日ではバックチェリーが前座に決定しましたね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

モトリー・クルーとリンキン・パークの競演

みなさんもう聴きましたか?
モトリー・クルー
リンキン・パークのチェスター(Vo)
との競演での
ホーム・スウィート・ホーム

モトリー・クルーを知らない人のために説明しておくと、
は80年代半ばからガンズメタリカデフレパードとならんでシーンを引っぱってきた大活躍なメタルバンドで、最近ついに復活して全米でもかなりの集客力でツアーしているバンドです。
リンキン・パークはご存知、現在のアメリカを代表するラウドバンドで斬新なロックをやっていますね。
年齢的には、ちょうどモトリーを聴いていた世代といったところでしょうか。
この新旧2大バンドが手を組んでカトリーナ(台風)の被害の為に立ち上がりました。
このホーム・スウィート・ホームという曲はモトリーの
2ndの収録曲でバンドを代表するバラードでもあります。いかにも
80年代なバラードですが僕は本当に
この曲だけは今でも大好きです。
(こんな人多いと思います!)
この競演のホーム・スウィート・ホームは元々の曲の良さが失われることなく多くの人の心を捉えると思います。
しかし、モトリー・クルーは昔カッコよかったのに今は・・・。

ちなみにPVはモトリークルーPVで見れます

| | コメント (4) | トラックバック (1)

Motley Crue VS Guns N' Roses

Motley CrueGuns N'Roses
この人たちには中学や高校の時にホント楽しませてもらいました。 この2バンドは本能のままに生きています。Img_20050705t224437374Img_20050705t224438015_2
 







酒、女、ドラッグ、ケンカ・・・。
事の発端はMotley Crueのボーカルヴィンスの奥さんにGuns N'Rosesのギターのイジーが酔っ払ってからんだこと。(実際は体をさわったらしい)
それに激怒したヴィンスが何かの授賞式の楽屋でイジーを殴る。
それに激怒したGuns N' Rosesのボーカル、アクセルが誌面上でヴィンスを罵倒、
それに激怒したMotley Crueのベースのニッキーが「ヤツがウチのメンバーに手を出すんならいつでもやってやる」 と発表。
そしてMotley Crueのヴィンスが 「アクセル俺にかかってこい!ボクシングでケリをつけようぜ」 と声明を発表・・・。
楽しみにしていましたが残念ながら実現しませんでした。
ちなみに、Motley Crueのトミーはこの事件と関係ありませんが、あのJon Bon Joviをぶん殴っています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧