Linkin Park

Minutes to Midnight/Linkin Park

絶対に売れるバンド、リンキンパークの最新作。
ですが、賛否両論の問題作だとも思います。

Minutes to Midnight
Minutes to Midnight

確かに以前の2枚のサウンドが好きな人にはダメな人もいるかもしれませんし、バラードが好きな人ならきっと気に入るでしょうし・・・。
だからといって作曲能力が下がったかと言われても、そんなことはないです。
このバンドに何を求めるかによって評価は違うのでは?
いい曲もありよく出来ていますが、個人的には前の方が好みです。僕には斬新でしたしね。
このアルバム
いいんだけど、これを聴いてぜひライブが見たいとは思えないんですね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Frat Party At The Pankake Festival/Linkin Park

サマソニに出演が決定しているリンキン・パークのDVDです。
星の数ほどいるこのテのバンドの中で何故このバンドがこれほど支持されているのかは、この映像を見ればわかると思います。
まず、PVが凝っていてカッコイイことと曲の分かりやすさ、この2つに尽きると思います。
そしてメンバー全員が陽気で好感がもてます。
PVとインタビュー中心でこのバンドの本質は分かると思います

フラット・パーティー
フラット・パーティー


欲を言えばもっとライブなんかを沢山入れてほしかったのですが・・・。
優等生なんかと言われて今だにコアなロックファンからは敬遠されがちですが、こういう新しいロックを生み出したこのバンドは賞賛に価するのでは?
このバンド以降、フォロワーが続出しましたが、やはりオリジナルが一番です。
先のグラミー賞受賞式でのポール・マッカートニーとの競演も記憶に新しいところ。
どこか哀しげなメロディー、ラウドなサウンドに、2人のボーカルが重なった時のゾクゾク感が味わえるのはこのバンドの強み!ですね。
ああ早くニューアルバムが聴きたいです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モトリー・クルーとリンキン・パークの競演

みなさんもう聴きましたか?
モトリー・クルー
リンキン・パークのチェスター(Vo)
との競演での
ホーム・スウィート・ホーム

モトリー・クルーを知らない人のために説明しておくと、
は80年代半ばからガンズメタリカデフレパードとならんでシーンを引っぱってきた大活躍なメタルバンドで、最近ついに復活して全米でもかなりの集客力でツアーしているバンドです。
リンキン・パークはご存知、現在のアメリカを代表するラウドバンドで斬新なロックをやっていますね。
年齢的には、ちょうどモトリーを聴いていた世代といったところでしょうか。
この新旧2大バンドが手を組んでカトリーナ(台風)の被害の為に立ち上がりました。
このホーム・スウィート・ホームという曲はモトリーの
2ndの収録曲でバンドを代表するバラードでもあります。いかにも
80年代なバラードですが僕は本当に
この曲だけは今でも大好きです。
(こんな人多いと思います!)
この競演のホーム・スウィート・ホームは元々の曲の良さが失われることなく多くの人の心を捉えると思います。
しかし、モトリー・クルーは昔カッコよかったのに今は・・・。

ちなみにPVはモトリークルーPVで見れます

| | コメント (4) | トラックバック (1)

Hybrid Theory/Linkin Park

若手バンドのなかでも最高級の成功を収めている
リンキン・パークの1stです。個人的には名盤です。
聴いたことない人はリンキン・パークに対して偏見持ってる人もいるかもしれません。
(僕も聴くまで少し偏見ありました)
一度聴けばだいぶ考えが変わるかもしれませんよ。
Hybrid Theory
Linkin Park
B00004Z459

数年前のアメリカのロックシーンはこのアルバムで変わったといっても過言ではありません。模倣しているバンドは非常に多いです。
美しいメロディーでやや攻撃的なサウンド、女性もきっと好きになれるのではないでしょうか。非常に作り込まれたアルバムですが要は曲、各楽曲のレベルが高くすんなり耳に入ってきます。(ややどの曲も似ていますが)
あんまりハードすぎるのはイヤでメロディーがよくて今の新しいロックを探している人はお勧めです。
⑧イン・ジ・エンドが代表曲(この曲最高!)ですが①ペイパーカットでまずはガツンとやられ、最後まですんなりと聴ける最新ロックの見本となるアルバムに仕上がってます。それにこのバンドはビデオクリップもよくできています。
2ndアルバムもよくできていてとても聴きやすいのでおすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Meteora/Linkin Park

今日はリンキンパークを。
このバンドは名前ぐらいは誰でも知ってると思います。
僕は1stリリース当時はラップが入っているというだけで聴きもせず、バカ売れしてるという理由だけで距離を置いてました。
Meteora
Linkin Park
B00008H2LB

しかし、この2nd「Meteora」リリース時に偶然試聴機で聴いた時に完璧にハマりました。
その最初聴いた時の感動は聴かないと分からないものですからね。
これは、ここ10年間のロックシーンの中では新しいタイプのロックです。
まず、哀愁のあるメロディーがいいいことと、適度にラウドでかっこいいサウンド。
この2つだけで十分なのですがこのバンドはツインボーカルで通常のボーカルにラップボーカルが絡むので動き多くてあまり飽きませんね。
ウルサ型のロックファンからは下積みがないとかライブが弱点とかミーハーなどと色々言われるバンドですが人気の裏返しでしょうね。
僕もコアなロックは大好きですが、Linkin Parkは別格です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)