Guns N' Roses

Chinese Democracy/Guns N'Roses

ガンズの17年ぶりの新作をやっと聴きこみました。
毎年毎年、今年はガンズの新作が・・・、そう言われつつ早もう17年ですか~!
CHINESE DEMOCRACY
CHINESE DEMOCRACY

今の高校生にしてみると1st発表時を全く体験していないんですね~!
(当たり前なんですが)
個人的には全く期待せずに聴きましたが、かなり好きなアルバムとなりました。

全盛期のガンズを期待して聴くと、全然ダメなアルバムという事となりますが、
メロディアスな曲が好きな方には大歓迎!なアルバムですよ。

昔の様な怒りはもう無くて、すっかり落ち着いた大人の楽曲が支配するアルバムとなっています。
死ぬほど1stが好きな方には世紀の駄作でしょうし、僕のような特別に大ファンではないメロディー志向の人が聴くには結構いいアルバムということになると思いますね~。

まあこれがガンズか?と言われれば違うでしょうし、あのアクセルの声を聴けばガンズという気もしなくはないですが…。

ただメンバーも違えば刺々しさも無くって、バンドの魅力という点では全盛期の100分の1ぐらいになっているようにも思えますが。
しかし、客観的にみて曲は粒揃い!
そこまで昔のガンズにのめりこんでない人には十分楽しめるし、
激しい系を求める人にはダメなアルバム・・・?(言い過ぎかな(笑))
③④⑦⑨⑭あたりはいい曲ですよ。
ただ、僕には③⑬は嫌いじゃないけどクドイかも。

聴く人によって好き嫌いがここまで大きく分かれるアルバムも珍しいアルバムでしょうね。

個人的に僕はこのアルバムを支持します。
でも、頼むから次の来日はベースがケガしたとかいう訳のわからん言い訳で延期はしないでください…。ちなみにその時はチケットを買っていました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンズ来日の日程が発表!

このあいだニュースでもお知らせしていた、ガンズの日程がついに発表されましたね!

しかしチケット代が1万2000円て、どうなんでしょう?
正直な気持ち、サマソニに行けるじゃないですか。
東京・大阪での日程は土日で、土曜が17時・日曜が16時開演です。
名古屋が平日なのに18時開演なんですが、これっていつもの・・・なかなか出てこないアクセルのためなのか、それとも前座がつくの?と、まだまだわからないことも多いのです。
でも行った人には迷惑な話ですが、平気で2時間ぐらいはおしそうですね。
海外では平気で遅れて出てきて、夜中に終わってお客がゾロゾロ帰るらしいですもんね(苦笑)
ここ日本ではそんなに極端な事はないとは思いますが、この開演時間を見ていると2時間ぐらいおしても大丈夫なようにちゃんと時間がセッティングされてますもんね~。
とにかく無事にライブをやってくれる事を祈ります。僕は観たいような観たくないような・・・。
詳しくはガンズ来日の日程

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガンズでボサノバはいかが?Bossa N' Roses

今日は面白いモノを紹介します。以前にボサノバでストーンズのカバー・アルバムを紹介しました。(前の記事は→ ストーンズでボサノバへ)
とうとう出ました!ガンズでボサノバのアルバムが!!
Bossa N Roses

筋金入りのファンが聴いたらどういう感想を持つか聴きたいと思いつつ、耳を傾けるとこれが聴いてみてビックリ。
2曲目の『Patience』なんかはかなりの出来ですよ。
そして次にいいと思うのが『Sweet Child of Mine』でしょうか、まあ原曲がいいのも多分にあるのですが、なかなかのカバーに仕上がっています。
ただし楽しんで聞けるのも途中まででちょっと飽きてくるのも事実なんですが。
まあ楽しんで聴いて下さい、リラックスできますよ~。

本家のガンズのアルバムは10年以上の制作期間を費やし、日本円にして13億円以上を注ぎこんでいるとか・・・。
本家がこういう状態なのでバサノバでまぎらわす今日この頃です(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガンズの最新ライブ映像公開!

ガンズの最新ライブ映像です!
このイントロ聴いただけで、体中に電流が走る人は多いと思いますよ!

画質、音質は荒いですが臨場感は伝わりますね。
なんだか自分がその場にいる感じがしてしまって、オーッという声が自然に出てしまいます。
どこかのフェスに出てきてくれればよかったのに・・・。

でも、貴重映像には違いありません。
リンクは→ガンズの最新ライブ映像です。
楽しんでくださいね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Appetite for Destruction/Guns 'N' Roses

Guns 'N' Rosesの伝説と呼ぶに相応しい名盤中の名盤です。
全てが破格の、桁違いのデビューでした。
この1枚でロックシーンの全てを変え、ストリートロックという言葉ができて、その後のバンドは全てガンズ、ガンズ・・・周りは全てガンズみたいなバンドだらけでした。
Appetite for Destruction
Guns N' Roses
B000000OQF

しかしこのバンドのスゴイところは音楽性もさることながらW・アクセル・ローズの尋常ならざる言動・素行の悪さではないでしょうか。
スキャンダラスな話題を沢山振り撒いてくれて、楽しませてくれました。アルバムも全く捨て曲がなくて完璧に近い作品となってます。
①⑥⑨のPVが今でも強く印象に残ってます。
個人的な意見ですが、ドラムは上手くないですがやはりS・アドラーのドラムのほうがこのバンドには合っていると思います。(オリジナルメンバーですし)
再結成は見てみたいような、見たくないような・・・。
(まあ無いと思いますが)
テクニックやジャンルや細かいことは一切抜きで、唯一無二のロックのカッコよさが詰まったアルバムです。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

ガンズのアクセル・ローズがクールな人の2位

Gra 米「エルガール」誌の「Cool」特集にて、世界中の約1万人の女の子の投票でガンズアクセル・ローズが2位に選ばれたようです。
ガンズのアクセルと言えばロックの全てを塗り替えた男ですもんね、ホントこの人(バンド)凄かったです。

素行の悪さは天下一品でした。次に何をやらかすか分からないのがこの人の魅力でしたよね。
初来日の日本公演でもブチキレてわずかアンコールなし9曲で終わってしまいました。
アメリカでは暴動の連続でした・・・。
人気、セールス共にホント時代のトップに君臨していましたね。
先日まで記事にのせていたモトリー・クルーとも泥沼の喧嘩をしていたのもなつかしいてすね。
(詳しくは当ブログのロック伝説に載せています。)
今は何してるのでしょうか?
(詳しくはこちらアクセル・ローズがクール

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イジー・ストラドリン

Img_20050821t210915257 久しぶりに本ブログのシリーズのロック伝説です。       
この記事が気に入った方は
ロック伝説をご覧下さい。
初めての方は気楽に読んでください。


時は15年以上前のガンズ全盛期、        当時音楽誌にガンズの載らない月はなかったです。       僕はミュージックライフ誌でこの記事を読んでショックを受けました。        こんなことを現代で、しかも目立たないメンバーができるんだと。       何をしたかというと飛行機(一般客もいます)で移動中に放尿!       我慢ができなかったそうです。俺もやりたい!当時思ったものです。       しかしミュージシャンというのは変わった人が多いですよね、       常識がないというか破天荒というか・・・。
このイジー・ ストラドリンという人はガンズのギタリストの1人であまり目立たず何を考えてるのか分からないところがあり、 今も気ままに音楽をやってブラブラしているようです。 まあこういう事件も下品ではありますが楽しませてくれました

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Motley Crue VS Guns N' Roses

Motley CrueGuns N'Roses
この人たちには中学や高校の時にホント楽しませてもらいました。 この2バンドは本能のままに生きています。Img_20050705t224437374Img_20050705t224438015_2
 







酒、女、ドラッグ、ケンカ・・・。
事の発端はMotley Crueのボーカルヴィンスの奥さんにGuns N'Rosesのギターのイジーが酔っ払ってからんだこと。(実際は体をさわったらしい)
それに激怒したヴィンスが何かの授賞式の楽屋でイジーを殴る。
それに激怒したGuns N' Rosesのボーカル、アクセルが誌面上でヴィンスを罵倒、
それに激怒したMotley Crueのベースのニッキーが「ヤツがウチのメンバーに手を出すんならいつでもやってやる」 と発表。
そしてMotley Crueのヴィンスが 「アクセル俺にかかってこい!ボクシングでケリをつけようぜ」 と声明を発表・・・。
楽しみにしていましたが残念ながら実現しませんでした。
ちなみに、Motley Crueのトミーはこの事件と関係ありませんが、あのJon Bon Joviをぶん殴っています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)