Deep Purple

Machine Head /Deep Purple

サマソニでも来日して話題を集めたディープ・パープルの名盤中の名盤です。
70年代ロックの代表作であり永遠に色褪せないハードロックの金字塔。
ギターやキーボードを親しみやすいメロディーに乗せて演奏し、メタリックなボーカルをのせて重厚なリズムで演奏する元祖ハードロックバンドなのです。
Machine Head
Deep Purple
B000002KHB

これはなかなかできる事ではなく、メンバー全員が高度なテクニックをもっていたからこそなのです。
(ファンの方にとっては当たり前のことなのですが)
たちまちパープルはハードロックの代名詞になり、
72年の初来日では伝説的なライブを繰りひろげ、
この時のライブが後の「ライブ・イン・ジャパン」となってリリースされます。
バンドの代表アルバムや人気のピークはこの頃でライブでは神がかり的な演奏を繰りひろげています。
このマシンヘッドはこの頃の勢いをアルバムに全て持ち込んで作られたのではないでしょうか。
スリリングな演奏と名曲のオンパレードのクオリティーの非常に高いアルバムに仕上がっています。
名曲は多いのですがやはり有名なのは
1曲目ハイウェイ・スターです。この曲は誰もが知ってますよね。
まあ今時「俺の車は最高・・・早いぜ・・・」なんかは誰も歌わないと思いますが、まあこの時代ならではですよね(笑)
ギターのリッチー・ブラックモアはあのレッド・ツェペリンのジミー・ペイジよりも何倍もテクニックは素晴らしく、ギターヒーローの名をほしいままにしています。
色々な楽しみ方が出来る作品なのでまだ聴いてない人は是非!

| | コメント (4) | トラックバック (2)