アコースティック

フラメンコでメタリカとツェッペリン!

世界は広いですね~!
これはお見事です。

フラメンコというのはみなさん知っていると思うのですが、こんなフラメンコを僕は聴いたことありません。
たまたまラジオで聴いて興味を持ったのですが、聴いてみてホンとに驚愕しました!
これメタリカの『オリオン』じゃねぇか~。
ゲェッ!レッド・ツェッペリンの『天国への階段』がこんなフラメンコに。
アレンジは原曲に忠実で、そしてかつ情熱的に演奏されています。
ちなみに、ギターは激ウマです。

その名はRodrigo Y Gabriela
こちらで聴けますのでぜひ一度聴いてみてください!→視聴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Boy with the Arab Strap/Belle & Sebastian

僕もたまには休日にこんな音楽を聴きます。
ベルセバはちょっとゆったりしたい気分の時なんかにいいですよ。
The Boy with the Arab Strap
The Boy with the Arab Strap

このアルバムはベルセバの中でもアコースティックで、まったりしたい時やちょっとテンションションが下がった時にもいいカンジです。
彼らの魅力はやっぱり美しいメロディーとなんとなく漠然と幻想的なサウンドですかね。空気のようにまわりに溶け込む透明感と昔にタイムスリップしたような懐かしいカンジがとてもします。映画の中でたまに使われています。
僕はとくに1・2・9あたりが気に入っています。
雨の日の憂鬱な時なんかにもピッタリ合うのでおすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MTV Unplugged /Bryan Adams

無数のアーティストが一時期アンプラグドをやっていましたが、このブライアン・アダムスのアルバムは好きです。
声が渋い!曲がいい!
MTV Unplugged
MTV Unplugged

過去の名曲達もアコースティクで復活してオールドファンを喜ばせます。どうしてもこの人のイメージは80年代のイメージがあるのですが、そんなことはお構いなしにこのアルバムでは魅力爆発。
本人もリラックスしていて楽しんでいる様子が伝わってきて、その場にいるかのようにハッピーな気分になれます。
知っている人はもちろん、知らない人も聴いてみることお勧めですよ。
個人的に②は大好きな曲です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

On and On/Jack Johnson

ジャック・ジョンソンのセカンドです。
僕はジャックのアルバムの中では1番好きなアルバムです。
彼の作る音楽は心地よさと安らぎを一緒に運んできてくれる、そんな感覚ですね。
On and On
Jack Johnson 全曲試聴可
B00008NG5V

不思議とこのアルバムは初めて聴いた時はそんなに気にもとめなかったんですが何度も聴いてみると、In Between Dreamsよりもこのアルバムの方が1曲1曲が印象が強くて心に残るんですよね。1曲目のTimes Like Theseから始まってやはりというかほとんどアコースティックなのですがメロウになり過ぎることなく自然体であるがまま、なるようになるさと歌い、目をつぶって聴いてみると海とか空が思い浮かんできて心地いいし聴いているとほんとにリラクゼーションですね。おすすめは④Taylor・⑦Wasting Time・⑭Cocoonです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Painted From Memory/Elvis Costello ・Burt Bacharach

今日は諸事情で落ち込んでます、はぁ~。
みなさんは、そんな時どんな音楽を聴きますか?
僕はこのアルバムを選びました。
エルヴィス・コステロバート・バカラックの夢の共作アルバムで、かなり大人なアルバムです。
Painted from Memory
B00000AFFF

秋の夜長のこの季節にもピッタリでコステロならではの歌詞と、バカラックの才能が惜しみなく発揮された奇跡的な1枚です。
ホントに落ち込んでる時は癒してくれる1枚でもあって、最高に素晴らしい!の一言なんですよね。
しんみりとした静寂が美して少しモノ
寂しいけども、その分傷ついた心を暖かく包み込んでくれるようなそんな不思議な魅力を持ったアルバムです。
まだ聴いてない人は是非聴いてほしいアルバムなんです。きっと女性好みでもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

卒業-オリジナル・サウンドトラック/サイモン&ガーファンクル

卒業」 この映画は小学生の時に初めてTVで観ました。
名画です、あのラストシーンは最高です!
このサントラは最高です!
リアルタイムでこの映画を観た人にとっては特に、もう青春のバイブルでしょうね。
卒業-オリジナル・ サウンドトラック
卒業-オリジナル・サウンドトラック

①サウンド・オブ・サイレンスなんて誰もが知ってる
名曲ですし、このサントラはベスト盤と言っても過言ではないでしょう。(もちろん他にもイイ曲はかなり多いです)
なんか普段メタルやラウドなんか聴いてる人にとったら
「えっ、フォーク?」、と何となく古くさいと感じる人も
いるかもしれませんが、ショボイ音楽聴くよりも、この人達の歌声の方が余程ジーンと心に響いてきます。
ビートルズやストーンズもそうですが、親子で聴ける音楽というのは素晴らしいと思いませんか?
ちなみにアート・ガーファンクルが8月28日、マリファナ所持容疑で逮捕されました。
(去年も逮捕されている)今はもう62歳だそうです。すごい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

O Brother, Where Art Thou?/Original Sound Track

1930年代のアメリカ南部が舞台です。
ジョージ・ クルーニー主演のロードムービー映画、「オーブラザー」で、これがサントラです。
このテの音は特別好きではないのですがこのサントラは秀逸です。
O Brother, Where Art Thou?
O Brother, Where Art Thou?

やはりジャンルに関係なくて、いい音楽は国を超え言葉の壁を超えるのでしょう。
カントリーははっきり言って苦手なのですが、コレを聴いてかなり考え方が変わりました。
直球ど真ん中のカントリーだけではなくブルースアコースティックで心地よく聴かせてくれるモノもあって、我々日本人にも聴きやすいです。
そして僕はこの映画も激しくお勧めします!
大量生産のハリウッド映画ではなく、およそ商業ベースから離れているような気もしますが、僕はこの映画はとても大好きなんです。
観た後はなんとも幸せな気分になりました。
ちなみにこの映画はグラミーを受賞していて、アメリカではかなり売れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

In Between Dreams/Jack Johnson

最近めっきり暑いですよね。 みなさんは暑い時は何を聴きますか?
今日久しぶりにJack Johnsonを聴きましたがまったりとしていいですよ。
ラウド、メタルなんかを中心に聴く人は関係ない音だと思いますがなかなかどうして、やはりいい音楽はいいんです。
今はもう行きませんが日本海の帰りにゆらーっと聴きたい音楽です。
コレを聴いてると何か時間の流れが緩やかになりノスタルジックな気分に僕はなります。
休日にまったりとこれを聴きながら読書なんかすれば目の前はハワイの海が広がりますよ。
In Between Dreams Jack Johnson
B0007GAEVW

| | コメント (2) | トラックバック (0)