ヘヴィメタル

The New Game/Mudvayne

今日は、マッド・ヴェインの4枚目。
The New Game
The New Game

Mudvayneを聴く人っていますか?
完全に前作の延長線上のサウンドです。
楽曲のため、初期の路線が好きな方にはちょっとダメかもと心配になるアルバムかもしれません。
しかし前作が気に入った人にとっては、さらにメロディアスな曲が増えているので超オススメですね。
個人的には、前作『Lost and Found』での「Happy」か?と思うようなメロディーが素晴らしい曲なんです。
そういう曲でこのバンドを好きになったので、この方向性には大歓迎です。
チャド・グレイの随所で聴かせる「ウギャー」といった雄叫びが、好きな僕には快感なアルバムでもあります。

やや同類項の曲が多いのがやや気になりますが、全体的にはまずまずの出来で一安心。
中でも、③『New Game』や④『Have It Your Way』なんかはこのバンドの曲作りの上手さやメロディアスな面が前面に出ていてとても大好きな曲です。
後は⑦『Scarlet Letters』も好きです。
もうこのバンドは初期の要素を完全に捨て去ってしまい、今後はこの路線でいくのでしょうね~。

初期にNu-Metalというカテゴリーに入れられたのがこのバンドの不運だったのか、ここ日本での人気はサッパリ・・・。
というところだと思うのですが、実は来日していたりするんです(笑)
Mudvayneを聴く人って今どれぐらいいるんでしょうか?
もちろん前回僕も観に行っています。
当ブログでもリポートしていますのでよろしければ見ていって下さい。Mudvayneの過去記事へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Death Magnetic/Metallica

ここ10年以上マトモな作品をリリースしていないメタリカの5年ぶり、
全世界が注目する新作『Death Magnetic』がついにリリース!
Death Magnetic
Death Magnetic

プロデューサーにリック・ルービン、バンドロゴが初期のロゴに復活など、
期待せざるを得ないアルバムでしたが、フタを開けてみると…。
ここ10年で一番の出来!
これは誰も異存ないと思います。
いや17年ぶりにいいアルバムが降臨か?
17年…長かった~。帰るべき場所に戻りやるべきバンドがやってくれたと感激もひとしおです。

まず①That Was Just Your Life、ブラック・エンド?と思いました(笑)
全体的に鋭いリフやギター・ソロがちりばめられておりスピード、アグレッシブさが戻ってきていて、メタル・ファン、メタリカ・ファンは納得しこのアルバムで新たなファンを獲得するのも間違いないでしょう。
未だに3枚目までが最高でアルバムが出るたびにけなす人も多いバンドですが、そういう人はもう聴くのやめたら?と言いたいです。
20年以上前のことをクドクド言われてもね~(笑)
確かに過去にあった神と崇めたくなるような楽曲の構築性はもうここには存在しませんが、2008年度のロック・シーンを代表する1枚と言って間違いないアルバムに仕上がっています。
クラシック・メタリカと現在の姿を融合させて、カークがギターを弾きまくって樂曲を練り上げた印象の力作。
いや~、感動しました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nostradamus/Judas Priest

ジューダスの最新作にして、問題作・・・だと思います。
Nostradamus
Nostradamus

このアルバムは賛否両論だとは思いますが、結果から言うと僕はあまり好きになれませんでした。
僕の集中力がないのか、聴き込みが足りないのか?
はたまた聴き手を選ぶアルバムなのか?

結局のところは楽曲の出来だとは思います。
ヘヴィーであればいいとかというのではなくて、単純に個々の曲の出来。
不出来が激しくまとまりが悪くて、最初から最後まで聴くのがちょっと苦痛なアルバムと思ってしまいました。
いい曲もあるのですが…。
ただベスト・ヒットのライブは観たいです。
なんかホワイト・スネイクのアルバムと同じような感想となってしまいましたね~。
いやいや、残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Scream Aim Fire/Bullet For My Valentine

最近のヘビロテです。
ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインの2nd。
Scream Aim Fire
Scream Aim Fire

最近までは、どうせ流行りのエモ系のバンドかと思って舐めていましたが、聴いてビックリ!
こりゃ売れるの分かる。
まず声が聴きやすくて、メロディーもややポップ(悪い意味でなく)そしてカッコイイ!
こう書くと売れセン?かと思われますが硬派な一面もあります。
メタリカが好きであろうバンドなのが聴いていてよくわかるのですが、パクリとかでなくて、影響を受けてますといった感じで愛情を感じますね~。
複雑で轟音でないというとダメだと思う人も多いかとは思いますが、現代のロック・シーンにおいて貴重な存在だと僕は思います。
要約して一言でいうとかなり爽快なアルバムなんです。
5月に来日で大阪はなんばハッチか・・・。
久しぶりに若手で観たいバンドの出現です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Ithyphallic/Nile

久しぶりに激しくヘヴィーなやつを一枚。
Ithyphallic=イシファリックと読むらしいナイルのアルバムです。
Ithyphallic
Ithyphallic

エジプト風のデス・メタルで、やや神秘的な作風は健在。
おそらくバンド史上最もキャッチーで聴きやすいのではないでしょうか。
この人達は曲名が長すぎてそれがちょっと・・・。
とくに3曲目なんかは「Papyrus Containing the Spell to Preserve Its Possessor Against Attacks」ですよ!
一体何て読んで、そして意味は?さっぱり分からない(笑)
ところが、それが不思議とこのバンドの魅力なのですが。
僕の聴けるハードなやつはこのあたりまでかなあ~。

しかし去年のライブは前座とはいえ大阪城ホールって・・・。
このバンドが城ホールっておかしくないか?ゼップだろうと思うよ、普通。
まあ、そう言いながらもライブは抜群によかったです(笑)
でもぜひもっと小さいハコで観たかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rise Of The Tyrant/Arch Enemy

久しぶりにヘヴィなやつを一枚。
ラウド・パークにて来日するアーク・エネミー最新作です。
Rise of the Tyrant
Rise of the Tyrant

ジャンルでいうとデスメタルになるのでしょうが、デスメタルということで敬遠するのはもったいないほどの優れたアルバムとなっています。
デス声にエモーショナルなギターという対比が面白く、楽曲も高水準。
もはやデス声でなくてもいいのでは?と思う箇所もちらほら。
過去最高傑作と巷で騒がれていますが、実際そうかも知れません。
このテのジャンルの中では比較的聴きやすくて、自然と耳に入ってきますし、楽曲も粒ぞろいで最後まで飽きずに聴けますよ。
最近はダラダラと長いアルバムが多いので統一感があるこのアルバムはむしろ僕は大歓迎なのです。
アグレッシブすぎて普通のロックやポップスしか聴かない人なんかにはたぶんダメでしょうが、メタル好きならきっと好きになれると思います。
個人的には③が好きです。kissのカバーが入っているので珍しく日本盤を購入してしまいました(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

United Abominations/Megadeth

最近では一番よく聴いているアルバムです。
聴く時間がなかったのと、最近は新作リリースが多かったために聴くのが後まわしになっていたメガデスの新作なのですが・・・。

United Abominations
United Abominations
 

結論を先に言うと、ここ10年ぐらいの間ではベストの出来です。(あくまで僕の意見ですが)
やはりこのバンドはタダモノではないですね。
単にうるさいだけのバンドが多いこのジャンルの中でここまで優れているアルバムを作ってくれるのはメガデスだけかもしれません。
間違いなく前作を上回る内容でこのバンドのことが好きであれば期待にこたえてくれる
内容となっており昨年のラウド・パークでファンになった人や、オールド・ファンにも拍手喝采で迎えられると思いますよ。
(実際全米8位!、でここ日本においても上位でした。)
過去に思い入れのある人からするとどうしてもあの狂っていた時期やマーティー在籍時と比べてしまうのでしょうが、もういないんだし過去は過去だしね。

今作は現在のメガデスの持てる力を結集した力作になっており、何回もリピートしてしまいます。
必殺の曲が何曲かあるというのではないのですが、聴きこむとますます好きになってきました。
ここぞというタイミングで出てくる、8曲目『Tout Le Monde』がこのアルバムを引き締めているといった構成もお見事!です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Hellyeah/Hellyeah

このアルバム、もうちょっとジャケットをなんとかしてほしい!
と思うのは僕だけではないと思いますが、内容はかなりの充実作となってます。

Hellyeah
Hellyeah

パンテラ+マッド・ヴェインと言われているバンドですが、あまりパンテラは期待しないほうがいいかも・・・。ところどころはそれっぽいですけど。
マッド・ヴェインが好きな人は必ず気に入ると思いますよ。(特に3rd)
ヴィニーのドラムを求めるならパンテラを聴いておいた方がいいとは思いますが、やはり特徴あるドラミングですね~。
ギター・プレイを求めるべきアルバムではなくて(パンテラが凄すぎ)今のメタルを体感するにはもってこいのアルバムとなっています。
曲はコンパクトでボーカルのチャドもがんばっていて、個人的には最近のフェイバリット・アルバムとなっております。
出来ればずっと続けてほしいバンドですよコレは!
ぜひライブが観て見たい!と思わせるアルバムです。
僕は、チャドの声は好きなんです。来日してほしいな~。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

European Invasion Doom Troopin' Live/Black Label Society

ザック・ワイルド率いるブラック・レーベル・ソサイアティが2005年に行なったヨーロッパ・ツアー&ドキュメンタリーDVDです。
ヨーロピアン・イヴェイジョン
ヨーロピアン・イヴェイジョン

ファンの人は買って文句はないような内容に仕上がっており、そこまでのファンでない僕が観てもなかなか楽しめました。
やっぱこの人のギターはいいですね~。
インタビューやドキュメンタリーの間中ずっとビールばかり飲む姿に半分ぐらいあきれつつも、インタビュー内容はマトモな発言なのでファンのことを一番に考えているのが分かって感動。
しかしファン層はやはり野郎ばかりなのでむさ苦しい!ですが、ライブは真剣でワイルド&へヴィーで観衆を圧倒しています!
ただ個人的にはこのボーカルの声は長時間聴くのはなかなか辛くて、(趣味の問題ですが)似たような曲も多いためライブの途中で少しだれてしまったのも事実なのですが。
ただステージに出てきて演奏するだけではなくてステージ運びも考えた方がいいと思うのですが・・・でもこの人には無理でしょう(笑)
もう少し曲がバラエティーに富んだり、キメの曲が何曲かあれば印象は違うと思うのですがね~。
やはりオジーの隣でギターをかきむしる姿が僕は一番好きなんですよ。そうは言いつつもフェスなんかで来てくれれば観てみたいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラック・サバスの紙ジャケ

ブラック・サバス初期の5タイトルが紙ジャケットにて完全復刻されますのでこれははずせないという2枚を紹介したいと思います。
パラノイド(紙ジャケット仕様)
パラノイド(紙ジャケット仕様)

このアルバムはサバスの2ndで、1stと同年に発表されています。サバスの中でも僕はこのアルバムが一番聴きやすいと思います。
今もオジーがライヴでプレイする表題曲を筆頭に、サバスの隠れた曲がたくさん収録されています。
一度聴きだすとすっぽりはまってしまってなかなか抜けられない感覚になること間違いなしです。

そして次は以前にもレビューしたことがあるサバスの1stで、当時は13日の金曜日にリリースされました。
黒い安息日(紙ジャケット仕様)
黒い安息日(紙ジャケット仕様)

歌詞は魔女や悪魔のオンパレードでひたすら不気味・・・ですがカッコよく聴きやすいロックです。
オジー・オズボーンの声は独特なので人によっては受けつけないかもしれませんが、このバンドをその声で特徴付けているのは確かなんですね。
ツェッペリンもそうですが、1枚目にて完成され尽くしていて凄まじさが窺えます。
このジャケットも魔女が洋館の前にたたずんでいるという不気味さで怖いですが僕は大好きです!
女性はあまり聴かないと思いますが今回の紙ジャケを機に聴いてみてはいかかでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧