ライブレポート

昨日のThe Who 大阪公演セットリスト&グッズ!

Who3 一日たってもThe Whoのライブの興奮がいまだ冷めやらず!
いや~、本当にいいライブでした!

今日は昨日の記事でアップしたTシャツ以外のグッズで、トート・バッグと並び人気の高かったキー・チェーンをご紹介。
コレがかなりカッコいい!小物は人気が高いのでお早めに。値段は1,000円也。
さっそく、自宅のキー用に(笑)
あとはプログラムとポスターもゲット。

さてざっくりとレポは昨日アップしたのですが、今日はセットリストを。
これから行く人で、ネタバレは困るとか楽しみをとっておきたい人はスルーして下さい。

THE WHO 大阪城ホール(2008.11.13)
01.I Can't Explain
02.The Seeker
03.Relay
04.Fragments
05.Who Are You
06.Behind Blue Eyes
07.Real Good Looking Boy
08.Sister Disco
09.Baba O'reily
10.Eminence Front
11.5:15
12.Love Reign Over Me
13.Won't Get Fooled Again
14.My Generation

Encore
15.Pinball Wizard
16.Amazing Journey
17.Sparks
18.See Me Feel Me
19.Tea and Theatre

①の『I Can't Explain』では昔の映像が!興奮しますね~。
⑤『Who Are You』ではデス・マスクのような人形の映像~。
⑥『Behind Blue Eyes』ではそのままの瞳…。
などなど、かなり凝った映像でスクリーンだけ見てても楽しめます。
(ライブ映像のスクリーンも横にあったら見やすくてよりよかったのですが…。)
昔の映画の映像や列車の映像、途中でプレスリーの曲、
そして『See Me Feel Me』終了後、『Tea & Theatre』はピート&ロジャーの二人だけで演奏。
かなり渋かったです。終始鳥肌モノです(笑)
最後に抱き合って無事終わりました。(ここで拍手喝采)
あとドラムはご存知ビートルズのドラマー、リンゴ・スターの息子、ザックがプレイしており文句なしの演奏でした。やっぱり親子、似てますね~。

ところで、今日のライブはどうだったのでしょうか、気になるところです。
東京公演ではもっと曲数は増えるのでしょうか。
これから行かれるみなさん、ぜひ楽しんできて下さい。
今回ばかりはもう二度目の単独来日はないと思います、行かないのは相当後悔すると思います。行こうかどうか迷ってるなら絶対行きましょう(笑)

開演前と終了後に看板前で記念撮影する人がやたら多かったのがなんか見ていて良かったです。
ちなみに、The WhoオフィシャルHPでもセットリストが更新されていました。
そちらでは、なんと大阪公演にちなんで、曲名がカスタマイズされていて興味深いですよ。
例えば、⑨は『Baba Osaka』、⑭は『My Japan-Nation』(!)になっていました!
遊び心があって、ホントおもしろいですね~。
THE WHOオフィシャルサイト
UK-Japan 2008 WEBサイトに記事 掲載!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The Who大阪公演に行ってきました!

Who2 今まで単独日本公演を行っていなかったイギリスの最後の大物、The Who日本公演初日の大阪城ホールに行ってきました。

まずはみなさんが気にしているであろう(?)ザ・フーのグッズはウドーのHPに出ているものとTシャツのバック・プリントが違っています。
ちゃんと今回の日本公演のTOUR DATEがのっていました。
このTシャツがこれまた、メチャクチャかっこいい!
トート・バックは開演1時間前にはすでに売り切れていましたので狙っている人は急いだ方がいいです。

Who1そして心配していたお客さんの入りは・・・?
これが、スタンド上部に黒幕がかかっていてそれ以外のアリーナ、スタンド下部は満席で、一応格好はついていました。
ガラガラだと淋しいだろうと心配していたので、これで一安心。
最近行ったモトリー・クルーと同じ位の入りでしょうか。
やっぱり客層はやや高めで、普段はライブに行かないような人も多数見かけられましたし、スーツ姿の方多数。
そして若いロック・ファンもチラホラ。
かなり男率が高いです(笑)

以下は、ややネタバレです。
ステージ・セットは後方にスクリーンがあり、メンバーを写すのでなく、楽曲に合わせた映像でコレが素晴らしい!
歴史のあるバンドなので感無量といったところです。
大好きな曲では鳥肌が立つほどの興奮を味わいました。
今日はもう遅いのでセットリストは割愛しますが「さすがベテラン!」
(セットリスト明日の記事で載せます。)
といったライブで、妙に感傷的になる事もなければ、ただ騒ぐetc・・・。
といった類のものでももちろんなくて、最初の方ですでにアンコールのようなパフォーマンス。
年齢を感じさせないザ・フーらしいパフォーマンスはさすが!
グイグイお客さんを引き付けていく圧倒的なロックなライブでした。
年齢層がやや高いので大騒ぎという事は決してなく、でも最高の大人のロック・コンサートといった趣です。
楽曲が素晴らしく、並のバンドの代表曲といったポジションの曲がそこらじゅうにちりばめられているので、満足感は極めて高く、珍しくカタルシスを感じさせてくれるライブでした。

最後に生でピート・タウンゼントがギターをかき鳴らし豪快に腕を廻すあのアクション!
鳥肌が立ち客席はその都度ボルテージが上がる異様な興奮。
これは行った人にしかわからないので、ロック・ファンなら絶対行くべきライブでしょうね。
大阪初日も楽しめましたが、武道館で観れる人が本当に羨ましいです。

UK-Japan 2008 WEBサイトに記事 掲載!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モトリー・クルー大阪公演に行ってきました!

Motley モトリー・クルー大阪公演に行ってきました。

AIRBOURNが約30分、ゲストとして出演のBUCKCHERRY約50分熱のこもった演奏。
なんかお客さんは完全に前座扱いで、様子見といった感じでしたが2バンドとも好感もてましたよ~。
まあファン層がかぶらないのでしょうか?
ノリが悪くてコレで最後までいったらイヤだな~と思っていた矢先に、やっとモトリーが登場!

場内ウン千人の死体がイッキに復活したかのような?
凄まじいボルテージで大歓声・・・。
みんな完全にモトリー狙いなんですね~。
しかしモトリーって集客力あるよな。
スタンド上部はグルリと空いてましたが、全盛期が20年近く前なのにラウドパークのトリやこの不況の大阪で、ここまでお客さんを集めるのはたいしたもの。

内容は全くサプライズの曲はないもののビシッとまとめた約90分間で完全に期待に応えてくれた内容で満足でした。
それにトミーがテンション高い!
ステージから降りてきて「キチガ~イ」と言ってたのには笑ってしまった(笑)

メンバーみんな「マザー・ファッカー」連発でスタンド席にニッキーが中指を突き立てていました(笑)
前回の来日のようなサーカス的な要素は無かったですが、無駄を省いた怒涛のヒット・パレードで攻める今回のライブの方が個人的には好きですね~。
しかしこの人達はもう50歳に近いのにカッコイイです。特にトミー!

終演後の会場出てスグの公演告知の看板前で写真とる人多数!
係の人が「写真はここからお入り下さい」というのにはちょっと笑いました。
期待したものに100%以上で応えてくれるこのバンドは華があって、いつ観てももう一度観たいと思わせてくれるライブをやってくれる凄いバンドです。

話はそれますがファン・サイトによると来日早々ヴィンスがストリップ・バーに行って二人ゲットしたらしいです(笑)
ホントに好きですねこの人~(笑)

ちなみに、前回来日時のライブレポートも時間があればご覧下さい。

01. Kickstart My Heart
02. Wild Side
03. Shout At The Devil [ '97 Style ]
04. Saints Of Los Angeles  - Mick Mars Solo -
05. Live Wire
06. Sick Love Song
07. Louder Than Hell
08. Mutherfucker Of The Year
09. Don't Go Away Mad (Just Go Away)
10. Same Ol' Situation (S.O.S)
11. Primal Scream
12. Looks That Kill
13. Girls, Girls, Girls
14. Dr. Feelgood --- ENCORE ---
15. Home Sweet Home

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シガー・ロス、大阪公演行ってきました!

シガー・ロスのライブに行ってきました。
大阪は厚生年金会館だったのですが、1階は段差があって観やすいです。
個人的に1階の良席ゲットできたのでラッキー。

ライブの選曲や演出など良かったです。
始まりなんかも、渋くってしびれますね~。
独特な空気感や雰囲気はSigur Rosならではなので。
客席も途中までは真っ暗で雰囲気は抜群。
静寂&まったりでじっくり聴けて楽しめました。
他のバンドにはないライブが楽しめたのでgood。

ただ時間は思ったよりも短くってあっという間という感じ。
何曲かの聴きたい曲もあったので聴けず残念。
また次の来日に期待しましょう。
またすぐに来日してほしいですね~。

セットリスト
2008.10.24 大阪
1 Svefn-G
2 Glosoli
3 Ny batteri
4 Fljotavik
5 Vid Spikum Endalaust
6 Hoppipolla
7 Meo bloo
8 Inni Mer Syngur
9 Heysatan
10 Saeglopur
11 Festival
12 Gobbledigook
13 All AlRight
14 Popplagid

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レディオヘッド大阪公演2日目に行ってきました!

081002 さっきレディオヘッド大阪公演の2日目を観て帰ってきました。
昨日の記事

写真は戦利品のTシャツとFoEの「The Big Ask」キャンペーンのポストカード。

今日はバンドの雰囲気も少し変わってリラックスモードへ。
セットリストも『In Rainbows』以外は昨日とほぼ変わっていて、大好きな『No Surprises』や『Karma Police』が聴けました。
そして、なんと『Just』をやってくれました!
もうこれが聴けたので本望です・・・。

セットリスト
1. Reckoner
2. Optimistic
3. There There
4. 15 Step
5. All I Need
6. You and Whose Army?
7. Weird Fishes/Arpeggi
8. The Gloaming
9. Videotape
10. Morning Bell
11. Faust Arp
12. No Surprises
13. Jigsaw Falling Into Place
14. Idioteque
15. The National Anthem
16. Nude
17. Bodysnatchers

encore1
18. Airbag
19. Knives Out
20. Just
21. Where I End and You Begin
22. Planet Telex

encore2
23. Cymbal Rush →Fog
24. Karma Police
25. Everything In Its Right Place

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レディオヘッド大阪公演初日に行ってきました!

1001_2 今日レディオヘッド大阪初日に行ってきました!

まずはあんまり関係ないですが、右のようなポスターがいっぱい貼ってあったので思わずパンフもらってきてしまいました。
レディオヘッドファンへモッシュ・ダイブ禁止の案内らしいのですが…ファン層的にポスターが無くても大丈夫な気が(笑)

会場に着き、グッズを物色後、しばらくして会場へ。
開演後すぐに前座が始まり30分ほど。
その後ツアーのあのセット組みなどで、だいたい7時半ぐらいから始まりました。
まず一曲目、15 Stepからスタートしました。
久しぶりのライブでもメンバーはご機嫌でいいカンジ。
全くブランクを感じず今までもまるでツアー中のようです。
途中でふと思ったんですが、『In Rainbows』全部が演奏されるかも?とちょっとビックリ。
個人的には昔の曲をもう少しやって欲しいという希望もあるのですが…。
それでも意外な曲も演奏されていて十分楽しめました!
とりあえずこのへんで今日は終了。
また明日も行ってきま~す!

セットリスト
1. 15Step
2. There There
3. The National Anthem
4. All I Need
5. Pyramid Song
6. Talk Show Host
7. Nude
8. Weird Fishes/Arpeggi
9. The Gloaming
10. Faust Arp
11. Videotape
12. Reckoner
13. Optimistic
14. Jigsaw Falling Into Place
15. The Bends
16. Exit Music
17. Bodysnatchers

encore1
18. House of Cards
19. Climbing Up The Walls
20. Paranoid Android
21. Dollars & Cents
22. Everything In Its Right Place

encore2
23. Like Spinning Plates
24. Lucky
25. Idioteque

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジューダス・プリースト大阪公演に行ってきました!

080925 昨日大阪のフェスティバル・ホールにて、ジューダス・プリースト大阪公演に行ってきました!

前回のツアーより断然今回のセットリストの方が僕は好きだったので期待していましたが、はたして声は出るのか等不安がありましたが・・・。
結果はロブ・ハルフォードの声が絶好調で、ライブでホールの音響も良かったおかげでとても楽しめたライブとなりました。

以下ネタバレですが…。
ステージに幕がかかっていてBGMは、メタリカ~サバス~AC/DCにてオープニングのIntro: Dawn of Creation ~Prophecy にてスタート。
ロブの登場の仕方が向かって左手からせりあがってきて、まず衣装にビックリ。
なんか薄気味悪いというか・・・(笑)
Metal Godsでは動きにキレが全くなく心配していましたが、後半には動き回っていました。
この辺りは演出か体力配分なのか?
中盤のDeathではドラムセット下側のドアが開き、ロブが椅子にのって前方にせりだしてきて座りながら熱唱。
そしてそしてRock Hard, Ride Freeが!
いや~これは嬉しかったですね(同じ人多かったと思いますが)
他にも順不同ですがBetween the Hammer And The Anvil やDevil's Child 、Sinnerが聴けて感激。Dissident Aggressorも。
ロブは何回も衣装を変え旗を振り回したり客をあおったりしながら左右を行き来していました。

しかしこの人の声だけは凄い、オーラも凄まじい。
近くにくるとやはりカリスマ性を感じるし、マイクを握り締めスクリームすれば会場に声が響きわたり体内の血が騒ぐ騒ぐ!年をとったとは言え、その辺のボーカリストとは年季が違いますね。

締めはPainkiller でアンコール1曲目はハーレに乗ってロブが登場し、Hell Bent For Leather~ The Green Manalishi ~ You've Got Another Thing Coming にて終了。
ラストでロブがマイク・スタンドで歌ったのですが、何ともこれがカッコイイ!
メンバーも終始楽しそうでなかなか良かったライブでした。
しかし、Tシャツがあんなにペラペラの生地で4000円は高いと思うのは僕だけではないはず…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーペス大阪公演に行ってきました!

オーペス(Opeth)大阪公演に行ってきました!
単独初来日、ここ大阪では初公演ということで期待大!

若干マニアック色が強くて複雑、怪奇&プログレッシブな音楽のため人気はいまひとつと思いつつ行きました。
そして、ここクラブ・クアトロの客入りはガラガラで会場中を自由に動き回れてopethの音楽に酔いしれようと思っていたのですが・・・。
なんと、お客さんがギッシリ!
男女比率は9:1ぐらいで、黒ロックTシャツと普通の服の割合は8:2(笑)でした。

ライブ中はほとんど身動きとれず。
最大限期待していって期待に応えられない、70分ぐらいの演奏時間でライブを終える、
ギャーギャーうるさい…だけのバンドが多い中で、このバンドはそういうバンドとは格の違いを見せつけてくれました!
2時間弱の完璧な演奏力で、アメリカのバンドには出せない北欧ならではのメランコリックで耽美的な音!
全てにおいて他のバンドとは次元が違う、僕たち観客をを別空間へと運んでいってくれました。
ここ大阪クアトロはとても狭い会場で、腰から上しか観えない、柱が邪魔、そして会場がとても暑いなど悪条件もありながら、それでも今回のライブは逆にそれがアット・ホームでメンバーも曲間にジョークを連発して、終始穏やかなムードで進行したのでとくに気にならず。

選曲は格アルバムからまんべんなくチョイス。
ただ個人的には最新作から沢山やってほしかったですが。
でもBreakが聴けたことが嬉しかった!
純粋に演奏力に感動しましたね~。
満員御礼は嬉しくも、ぎゅうぎゅう詰めなのが少々ツライ今回の大阪公演でした。
でも人気があるということなのでガラガラよりは全然いいのですがね。
次回来日する時は違う会場でマッタリと堪能したいと思った充実した2時間でした。
いや、マジな話何時間でも聴けるよいライブだったので、お金を払う価値がある希有なバンドだと思います。
おそらく今回のライブを僕と一緒に体験した方も同じ気持ちなのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EXTREME THE DOJOに行ってきました!

I1_2EXTREME THE DOJO大阪に行ってきました!
DILLINGER ESCAPE PLANを観に(苦笑)

会場には黒いロックTシャツが制服かと思う位の右も左も黒だらけでした(笑)
各バンドについて簡単にレポートします。

INTO ETERNITY---ゴメンナサイ。なんの感動もなかったです(笑)

PIG DESTROYER---ファンではありませんがなかなか。
しかし、なんであんなに太っているのか?バンド名そのまま?

MAYHEM---生きる伝説というのはこういうバンドかも。
終始気持ち悪い儀式のようなパフォーマンスで、アッティラの白装束のような服装にビビってしまいました(笑)
声はもうすでに、人間ではなくて悪魔の呪文のようでしたね~。
個人的にはブラック・メタルは好きではないので、しばらくするとコミカルにも思えてきましたが・・・。僕も含めて観客はボーゼン。

I3 DILLINGER ESCAPE PLAN---最高!生きてて良かった!
2年ぶりに自らモッシュ・ピットに行きました。
みんなここぞとばかりに暴れまくりでした。
柵も前方はなくてもりあがりやすかったです!
しかし人間業とは思えないハイパーなライブで楽しかったです。
ボーカルはいきなり観客へダイブ!
ギターはアンプに登ってジャンプしてギターをブンブンまわす&左前方にいきなり来て観客をあおる。
ボーカルがラスト近くにはマイクスタンドごと突っ込んできました(笑)
全力のブチギレライブでコレを見たファンは100%満足できたハズ。
アンスラックスなんかにも共通するスポーティーな感覚かも。
お願いだからまた来日してほしい~。

I2 AT THE GATES---奇跡の再結成&来日。
エグイ位にみんな暴れてました(笑)イン・フレイムスなんかより断然好み!
ふと気がつくと隣にPIG DESTROYERのメンバーが一般客に混じってライブを楽しんでました。近くで見るとホント名前通りに豚だわ・・・。

以上超簡単なレポでした。
コレを読んでて東京公演を行くかどうか迷っている人がいたら絶対に行くべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FOO FIGHTERS大阪に行ってきました!

先日の記事にも書いてました、
16日のFOO FIGHTERS、大阪公演に行ってきました!

日本でフーファイは最終日のためか異様な盛り上がりを見せていました!
僕はやや前方よりの真ん中の柵あたりで観ていましたが、あの会場の爆発的な盛り上がり、一体感は圧巻の一言!

Let It Dieからスタートしたその日のライブは次のThe Pretenderでさながらアンコールのような盛り上がり!
Break Outでは早くも会場のノリは頂点に。
途中で同じく日本ツアー中のヒューイ・ルイスが飛び入りしてハーモニカでジャムってました。
しかし、老けたな・・・。ヒューイは歌わずすぐに引っ込み2階に移動してライブを楽しんでいました。
結構お得な気分で嬉しかったですが。

途中で何やらデイブ・クロールが4文字言葉連発でガイジンとなんか言い合いしてました。野次に何かムッとしたようで、
「出て行けこの●●野郎、マザー・●●●カー、アー●・●ール」とかなんとか(笑)
まあこういうのがあるのもこういうクラブ・ギグの醍醐味か?

バンドは4人以外にも大所帯でサウンドに厚みが加えられ主にアコースティック曲で演奏。あれパット・スメアか?
My HeroやEverlongでホロリとさせられ、Monkey Wrench~ All My Lifeの爆走曲で再び会場は沸点に!
中でもAll My Lifeはエグイ位に盛り上がってました。
前方はクラウド・サーファーが続出してて、盛り上がりも頂点に。

アンコールでのBig Me(この曲大好き)~Long Road To Ruinを経て、
Best Of Youでシメ。

今回のツアーは海外では万単位の会場、東京は幕張でしたが、ここ大阪では贅沢にもゼップで観れたことに感謝!

心地よい疲労感で会場を後にしました。
(しかしあのTシャツの生地って薄すぎではないでしょうか?)
補足しておきますが帰りには、ほとんどのグッズは売り切れで、意外とフーファイって女の子のファンが多いんですね~!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧