ハードロック

Chinese Democracy/Guns N'Roses

ガンズの17年ぶりの新作をやっと聴きこみました。
毎年毎年、今年はガンズの新作が・・・、そう言われつつ早もう17年ですか~!
CHINESE DEMOCRACY
CHINESE DEMOCRACY

今の高校生にしてみると1st発表時を全く体験していないんですね~!
(当たり前なんですが)
個人的には全く期待せずに聴きましたが、かなり好きなアルバムとなりました。

全盛期のガンズを期待して聴くと、全然ダメなアルバムという事となりますが、
メロディアスな曲が好きな方には大歓迎!なアルバムですよ。

昔の様な怒りはもう無くて、すっかり落ち着いた大人の楽曲が支配するアルバムとなっています。
死ぬほど1stが好きな方には世紀の駄作でしょうし、僕のような特別に大ファンではないメロディー志向の人が聴くには結構いいアルバムということになると思いますね~。

まあこれがガンズか?と言われれば違うでしょうし、あのアクセルの声を聴けばガンズという気もしなくはないですが…。

ただメンバーも違えば刺々しさも無くって、バンドの魅力という点では全盛期の100分の1ぐらいになっているようにも思えますが。
しかし、客観的にみて曲は粒揃い!
そこまで昔のガンズにのめりこんでない人には十分楽しめるし、
激しい系を求める人にはダメなアルバム・・・?(言い過ぎかな(笑))
③④⑦⑨⑭あたりはいい曲ですよ。
ただ、僕には③⑬は嫌いじゃないけどクドイかも。

聴く人によって好き嫌いがここまで大きく分かれるアルバムも珍しいアルバムでしょうね。

個人的に僕はこのアルバムを支持します。
でも、頼むから次の来日はベースがケガしたとかいう訳のわからん言い訳で延期はしないでください…。ちなみにその時はチケットを買っていました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Black Butterfly/Buckcherry

祝!全米8位!バックチェリーの約2年半振りとなる、
4枚目『Black Butterfly』です。
Black Butterfly
Black Butterfly

このあいだの大阪でのモトリーとのカップリング公演でも相当興奮しました!
その時の記事はモトリー・クルー大阪公演に行ってきました!でご覧下さい。

今作は、前作の延長線上にある作風なので前作が気に入っている人はまず購入して間違いなしと断言します。
1枚目から2枚目が好きな人や、ガツンとしたロックを求める人にすればちょっと刺激が足りないかも?と思いますが、楽曲の出来が過去最高レベルなので僕はかなり満足です。

パンキッシュなロックからポップスに近い曲、極上のスローな聴かせる歌まで、と様々な曲が散りばめられており、このバンドの器用さがわかります。
なかでも④Dreamsと⑦Don't Go Awayが絶妙なアクセントとなっていて、アルバムの質を上げています。
個人的にはストレートなロック・ナンバー②Tired Of You、メロディーがいい④Dreams、⑨Roseが特に気に入っています。

しかし2枚目がこけて解散、主要メンバー以外は入れ替わって3枚目で復活。
しかも日本だけの先行リリースでようやくアメリカで発売して、それが大ヒット!
もうこのバンドはダメだろうと思っていましたが、見事に復活しましたね~。

地道なツアーといい曲を作ることに徹した事が見事に結果となって表れている見本でしょうか。
やっぱり、こういうバンドにはがんばって欲しいし、応援したい気持ちになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Death Magnetic/Metallica

ここ10年以上マトモな作品をリリースしていないメタリカの5年ぶり、
全世界が注目する新作『Death Magnetic』がついにリリース!
Death Magnetic
Death Magnetic

プロデューサーにリック・ルービン、バンドロゴが初期のロゴに復活など、
期待せざるを得ないアルバムでしたが、フタを開けてみると…。
ここ10年で一番の出来!
これは誰も異存ないと思います。
いや17年ぶりにいいアルバムが降臨か?
17年…長かった~。帰るべき場所に戻りやるべきバンドがやってくれたと感激もひとしおです。

まず①That Was Just Your Life、ブラック・エンド?と思いました(笑)
全体的に鋭いリフやギター・ソロがちりばめられておりスピード、アグレッシブさが戻ってきていて、メタル・ファン、メタリカ・ファンは納得しこのアルバムで新たなファンを獲得するのも間違いないでしょう。
未だに3枚目までが最高でアルバムが出るたびにけなす人も多いバンドですが、そういう人はもう聴くのやめたら?と言いたいです。
20年以上前のことをクドクド言われてもね~(笑)
確かに過去にあった神と崇めたくなるような楽曲の構築性はもうここには存在しませんが、2008年度のロック・シーンを代表する1枚と言って間違いないアルバムに仕上がっています。
クラシック・メタリカと現在の姿を融合させて、カークがギターを弾きまくって樂曲を練り上げた印象の力作。
いや~、感動しました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地獄烈伝-ニューレコーディング ベスト/KISS

クリエイティブな事を全て放棄し、過去の財産だけで10年以上金儲けを続けるバンド、キッスの新作にしてニューレコーディング作。
地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~(初回生産限定盤)(DVD付)
地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~(初回生産限定盤)(DVD付)

はっきりした事は分かりませんが、ジーンが映画「デトロイト・メタル・シティ」に出演しているので、絶好のバンドプロモーションになるので急遽リリースしたのでしょうが・・・。
新曲をレコーディングしても過去を越えれない、ベスト盤は何作もリリースしている、新たなファンを作る&昔からのファンも買うニューレコーディングを!ということでしょうか・・・。
ついでに儲けのために限定盤として武道館公演の抜粋をDVDとして抱きあわせ。
思惑通り限定盤はすぐに完売!
アホかと思いながら僕も限定盤を購入(笑)

肝心の内容はやはり昔の曲の良さを改めて実感しただけでした。
ややスローなテンポで録音された曲はサウンドもしょぼくてチープ。
ただ演奏はソツなくこなしておりヘタに原曲をいじることなく良くも悪くもそのままです。
さすがKISS!クリエイティブさのかけらもない商法。
ですがもうKISSには誰もクリエイティブなものを求めてないのでこれはこれでいいのかとも思ってしまいますね。
むしろライブでマニアックな選曲とビックリするような演出をしてくれれば誰も文句ないかも?

きっとKISSは欧米の人も日本人も昔よく聴いたアニメやドラマの主題歌を聴くような感覚かもしれないです。
こんなバンドはKISSだけでしょうね~。
散々書きましたが、こんなバンドがいまだに大好きな僕です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lions/Black Crowes

最初聞いた時は駄目だ・・・と思っていたけど、ふとした機会に改めて聴いてみると実はよかった!と思う事ってありませんか?
Lions
Lions

僕にとってはこのアルバムがまさにそうなんです。
発売当初はもうこのバンドも終わりか、なんて思いましたが最近聴くと妙にはまりました。
この前作のBy Your Sideが名盤(2ndも)と思っているので、最初は駄目だったんですよね。
新作がもうすぐリリース&新曲が好みだったので改めて聴くとジワジワと良さが分かってきました。
やはりこのバンドは凄いなぁと、メンバーの音楽に対するマニア度なんかを記事なんかで読んでいるとホントに音楽を愛しているのかがうかがい知れます。

肝心のアルバムの内容はというと、派手さはないがグルーヴィー!
ゆったりと身を任せてリラックスして聴くと良さがわかる。
そんなクロウズのアルバムじゃないかのような(笑)
個人的には①と②がおすすめですかね。
一部にはレトロで退屈という意見もありますが、全然そんなことなくて、聴けば聴くほど色々な音楽を吸収して、この現代で古くて新しいロックをやっているのがわかります。
ストーンズ好きな人(70年代)には間違いなく受けると思います。
ただこのプロデューサーのサウンドは減点ですが・・・。
新作&来日が楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイ・ヴォルテージ(紙ジャケット仕様)/AC/DC

今年最初は、これこそワンパターンの美学!
AC/DCの国内盤が数年ぶりにリリース(紙ジャケ)でリリースされました。
ハイ・ヴォルテージ(紙ジャケット仕様)
ハイ・ヴォルテージ(紙ジャケット仕様)

やや価格は高い気もしますが、この紙ジャケの出来がそんな事を吹っ飛ばしてくれます。
帯なのですが(上のアルバム写真にはないですが)左上にアンガス・ヤングの顔がプリントされていて、叩き文句が『動かざること山の如し。~これぞ徹頭徹尾ロケンローの漢道』、といかにもで、さらに『エーシー・ディーシー』とカタカナで古くさい文字が(笑)
ちなみに内容は今と一緒です(笑)
30年以上前のアルバム・トップと今やってる事が全く同じというのも物凄い!
まずは1曲目の「ロング・ウェイ・トゥ・ザ・トップ」を聴きましょう。
次第にカラダとアタマが動いてきますから。
ビートルズやZEPとはまた違った偉大なバンドです。
しかしジャケも凄いですね~。
車を運転してる時に聴くのが抜群に合います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band/BEATALLICA

今日はビータリカを!(笑)
メタリカとビートルズがついに合体!すればこうなる?
Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band
Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band

なんでも、ビートルズの版権を持っているSONY/ATW MUSIC PUBLISHINGが怒って、彼らのウェブサイトは一旦閉鎖に追い込まれてしまったものの、メタリカのメンバーが弁護士を雇って解決したらしいです。
僕はビートルズを死ぬほど愛しているのですが、メタリカを全然知らないビートル・マニアが聴けばどういう感想なのでしょうか?
僕はもちろんメタリカも大好きなので、このアルバムの感想はとにかく「楽しかった~!」の一言でしたが(笑)
アレとアレが合体したらこんなのになるか!とか、この曲名って(笑)など・・・。
両バンドを知っていれば知っているほどなおさら笑えますね~。
個人的には⑬And Justice For All My Lovingがお気に入りです。
フェスかなんかでビータリカが来てくれれば絶対に観たいです。
(というか笑いたいのかも?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビデオ・コレクション/RATT

たまに昔よく見た(聞いた)ものが目や耳に入ってくると一瞬過去に戻った気分になるって事はありませんか?
Rat_3

僕にとっては80年代のPVなんかがそうなのですが、このDVDなんかはもろにド・ストライク・ゾーンなのです。
ビートルズやストーンズやマドンナあたりは偉大すぎたり、いまだ現役だったりで郷愁はわいてこないですが、このラットの場合はもう過去のバンドなので(ファンの人スイマセン)
久しぶりに見ると懐かしさがこみあげてきます。
完全にハリウッド・メタルであまりPVも歌詞も内容がないのですが(あの時代はどんなバンドもこうっだったですが)なかなか楽しめました。
そして、みんな若い!見ててどんどん落ち目になっていくのがちょっと寂しい気もしますが(苦笑)、知らない人の為に言っておくと、あのボン・ジョヴィを前座に使っていたのですよ!と言ってもその後一瞬で抜かれましたが(笑)
昔はよかった~という人は必見のDVDですよ。
RATTのライブは先日記事に書きましたが、まだ読んでいない人はよかったらご覧ください。
次はドッケンでも見ようかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Libertad/Velvet Revolver

前作(1st)が全米No・1の大ヒットをとばしたスーパー・バンドVelvet Revolverの2枚目。
Libertad
Libertad

ガツンとしたロックや前作の延長や、ガンズの1stみたいなのを期待していた人にとっては肩すかしのアルバムになったのでは?と思いますが、ストテンが好きだった人やメロディーを求めていた人はきっと気に入るハズです。
僕は1stよりもこちらのアルバムの方が断然好きなので大歓迎ですね。
何故かというとボーカルの声が好きだか ら、あまりハードすぎる曲よりも今回の幅広い楽曲が好みなのです。
いつまでたってもガンズと比較されるのでしょうが、全く別のバンドだと思いますし、こうしていいア ルバム作っているのですから本人たちは絶対幸せなはずなのです。

4曲目までは完璧な流れでオ~っとなるのですが、やや中だるみをしている気もしますが。
しかしながら、各楽曲はコンパクトにまとまっていて全体的にはいいアルバムに仕上がっています。
僕の個人的に好きなのは③Get Out The Doorです、一番好きかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Humanity: Hour 1 /Scorpions

ここ10年位あまりパッとしないアルバムばかりリリースしてきたスコーピオンズの新作です。
1・2曲聴いていた曲が好みだったので迷った挙句購入しましたが・・・。
Humanity Hour, Vol. 1
Humanity Hour, Vol. 1

ついに素晴らしい出来のアルバムをとうとう作ってくれました!
前作を間違いなく超えている出来で、ポップでキャッチーなスコーピオンズではなくて、80年代の黄金期の頃を彷彿させてくれるスコーピオンズです。
多少現代的なスパイスもブレンドはされていますが、グランジみたいな感じではないので安心して聴けますよ。
昔聴いてましたとか、最近の作品はどうも・・・と思ってた人や、メロディアスなロックをちょうど探しているような方には買いですよ絶対!
やるねえ~デスモンド・チャイルド。

このジャケはちょっと勘弁してほしいのですが、この内容に不満のスコーピオンズ・ファンはいないと思いますね。
スコーピオンズの傑作の一つとしてカウントされること間違いなしの名盤に仕上がっています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧