« 2008年11月 | トップページ

2008年12月

今年NO.1のアルバム&ライブパフォーマンスは?

クリスマスも過ぎ、今年ももう残りわずか・・・。
今年2008年をざっと振り返ってみました。

毎年年末になると振り返ってみますが、
今年のNO.1のアルバム&ライブパフォーマンスを考えてみます。

まず一番最初に思うこと、それは…。

「今年は本当にライブを沢山観た一年!」ですね。

もう若くはないし、体力のいるスタンディング・ライブはちょっと疲れてしまう、今日この頃(笑)
なのですが、行かずに後で悔いが残るのはもっとつらい!
だからとにかくよくライブ開場に足を運びました。

このブログでもライブに行った一部はライブレポートでレポしてたりします。

また、今年のNO.1アルバムですが、これも一応悩みました。
今年もアルバムたくさん買いましたから(笑)

でも、ダントツでメタリカの『Death Magnetic』に決まり!
これは文句なしでしょう。

Death Magnetic
Death Magnetic

メタリカの他には、オーペスやガンズも良かったなぁ。
あと、シガー・ロスも。

そして、今年観たライブで個人的に一番良かったのは、
DILLINGER ESCAPE PLANです。

最強、最高のライブであんなのを観てしまったら、普通のライブではもう満足は出来ません!

(その時のライブレポート。)

他にもいいアルバム、ライブはホントにとにかく多かった大豊作の一年でした~。

レディオヘッドオーペスシガー・ロスなんかも観れたし、とにかくライブも良かった。
また、懐かしいところではホワイト・スネイクなんかもとにかく良かったです。

来年も今年並みに良いライブにいっぱい出会いたいですね~。

続きを読む "今年NO.1のアルバム&ライブパフォーマンスは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Chinese Democracy/Guns N'Roses

ガンズの17年ぶりの新作をやっと聴きこみました。
毎年毎年、今年はガンズの新作が・・・、そう言われつつ早もう17年ですか~!
CHINESE DEMOCRACY
CHINESE DEMOCRACY

今の高校生にしてみると1st発表時を全く体験していないんですね~!
(当たり前なんですが)
個人的には全く期待せずに聴きましたが、かなり好きなアルバムとなりました。

全盛期のガンズを期待して聴くと、全然ダメなアルバムという事となりますが、
メロディアスな曲が好きな方には大歓迎!なアルバムですよ。

昔の様な怒りはもう無くて、すっかり落ち着いた大人の楽曲が支配するアルバムとなっています。
死ぬほど1stが好きな方には世紀の駄作でしょうし、僕のような特別に大ファンではないメロディー志向の人が聴くには結構いいアルバムということになると思いますね~。

まあこれがガンズか?と言われれば違うでしょうし、あのアクセルの声を聴けばガンズという気もしなくはないですが…。

ただメンバーも違えば刺々しさも無くって、バンドの魅力という点では全盛期の100分の1ぐらいになっているようにも思えますが。
しかし、客観的にみて曲は粒揃い!
そこまで昔のガンズにのめりこんでない人には十分楽しめるし、
激しい系を求める人にはダメなアルバム・・・?(言い過ぎかな(笑))
③④⑦⑨⑭あたりはいい曲ですよ。
ただ、僕には③⑬は嫌いじゃないけどクドイかも。

聴く人によって好き嫌いがここまで大きく分かれるアルバムも珍しいアルバムでしょうね。

個人的に僕はこのアルバムを支持します。
でも、頼むから次の来日はベースがケガしたとかいう訳のわからん言い訳で延期はしないでください…。ちなみにその時はチケットを買っていました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年間コンサート・ツアー収益トップ10

年間コンサート・ツアーの収益のトップ10が発表されました。
順位は以下のようになってます。

1位 ボン・ジョヴィのロスト・ハイウェイ・ツアー
2位 ブルース・スプリングスティーン&ザ・Eストリート・バンドのマジック・ツアー
3位 マドンナのスティッキー&スイート・ツアー
4位 ポリスの再結成ツアー
5位 セリーヌ・ディオン
6位 ケニー・チェズニー
7位 ニール・ダイアモンド
8位 スパイス・ガールズ
9位 イーグルス
10位 ラスカル・フラッツ

個人的には少し意外な結果になりました。
1位はあんなに地味なアルバムだったのに・・・。
4位のポリスは、さすがの成績ですね。
9位のイーグルスには根強い人気にビックリです。
ところで6位と10位って一体誰ですか(笑)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The New Game/Mudvayne

今日は、マッド・ヴェインの4枚目。
The New Game
The New Game

Mudvayneを聴く人っていますか?
完全に前作の延長線上のサウンドです。
楽曲のため、初期の路線が好きな方にはちょっとダメかもと心配になるアルバムかもしれません。
しかし前作が気に入った人にとっては、さらにメロディアスな曲が増えているので超オススメですね。
個人的には、前作『Lost and Found』での「Happy」か?と思うようなメロディーが素晴らしい曲なんです。
そういう曲でこのバンドを好きになったので、この方向性には大歓迎です。
チャド・グレイの随所で聴かせる「ウギャー」といった雄叫びが、好きな僕には快感なアルバムでもあります。

やや同類項の曲が多いのがやや気になりますが、全体的にはまずまずの出来で一安心。
中でも、③『New Game』や④『Have It Your Way』なんかはこのバンドの曲作りの上手さやメロディアスな面が前面に出ていてとても大好きな曲です。
後は⑦『Scarlet Letters』も好きです。
もうこのバンドは初期の要素を完全に捨て去ってしまい、今後はこの路線でいくのでしょうね~。

初期にNu-Metalというカテゴリーに入れられたのがこのバンドの不運だったのか、ここ日本での人気はサッパリ・・・。
というところだと思うのですが、実は来日していたりするんです(笑)
Mudvayneを聴く人って今どれぐらいいるんでしょうか?
もちろん前回僕も観に行っています。
当ブログでもリポートしていますのでよろしければ見ていって下さい。Mudvayneの過去記事へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ