« アメリカ大統領選の陰で、KISSは…。 | トップページ | The Who大阪公演に行ってきます! »

『容疑者Xの献身』を観てきました。

大ヒット中の映画『容疑者Xの献身』を観てきました。
容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)

はじめに僕はテレビの「ガリレオ」シリーズは全く好きなわけではなくて、原作の探偵ガリレオも特別好きではありませんでした。
正直なところ、テレビの「ガリレオ」ははっきり言って好きではありません。(好きな人、ごめんなさい。)
じゃあどうして映画を見たのかと言われそうですが、あまり期待しないで読んだ原作があまりに素晴らしかったのと、映画の評判がかなりよかったので半信半疑で劇場に足を運びました。

内容は概ね原作ファンからも高評価の内容ではないでしょうか?
ネタバレしないよう詳細は控えますが、テレビとは全く別物!

原作が完成度が高いのですが、映画もほぼ原作に忠実に描かれていて、完成度は高かったと思いました。
今思えば、テレビや短編原作のガリレオは前菜、というかこの映画のための前フリだったとしか考えられないぐらいです。
原作がいいと逆に映画になった場合にガッカリすることが多いものですが、この映画は冒頭から物凄い緊張感で最後まで一気に見れました。
もちろんテレビのガリレオ・ファンも楽しめる内容だとは思うのですが、ただヘヴィーで切なすぎる・・・。

堤真一&松雪泰子の演技が原作のイメージ通りで素晴らしすぎて、福山雅治は脇役とまではいきませんがこの2人の前に霞んでしまいます。
湯川と石神の謎解きのような哲学的な会話や、張り巡らされた伏線・・・。
数え上げたらきりがない程の原作の魅力が、高い完成度で映像化されています。
テレビのガリレオを見てたので余計に引き立って良かったのかも知れませんが(笑)

とにかくまずは原作を強くお薦めします。(文庫本も出てますし)
きっと読めば映画がみたくなる筈です。
ホントにこの原作で東野圭吾が好きになりましたし、個人的にこの原作は大好きな作品です。

|

« アメリカ大統領選の陰で、KISSは…。 | トップページ | The Who大阪公演に行ってきます! »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442899/25200193

この記事へのトラックバック一覧です: 『容疑者Xの献身』を観てきました。:

« アメリカ大統領選の陰で、KISSは…。 | トップページ | The Who大阪公演に行ってきます! »