« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

モトリー・クルー大阪公演に行ってきました!

Motley モトリー・クルー大阪公演に行ってきました。

AIRBOURNが約30分、ゲストとして出演のBUCKCHERRY約50分熱のこもった演奏。
なんかお客さんは完全に前座扱いで、様子見といった感じでしたが2バンドとも好感もてましたよ~。
まあファン層がかぶらないのでしょうか?
ノリが悪くてコレで最後までいったらイヤだな~と思っていた矢先に、やっとモトリーが登場!

場内ウン千人の死体がイッキに復活したかのような?
凄まじいボルテージで大歓声・・・。
みんな完全にモトリー狙いなんですね~。
しかしモトリーって集客力あるよな。
スタンド上部はグルリと空いてましたが、全盛期が20年近く前なのにラウドパークのトリやこの不況の大阪で、ここまでお客さんを集めるのはたいしたもの。

内容は全くサプライズの曲はないもののビシッとまとめた約90分間で完全に期待に応えてくれた内容で満足でした。
それにトミーがテンション高い!
ステージから降りてきて「キチガ~イ」と言ってたのには笑ってしまった(笑)

メンバーみんな「マザー・ファッカー」連発でスタンド席にニッキーが中指を突き立てていました(笑)
前回の来日のようなサーカス的な要素は無かったですが、無駄を省いた怒涛のヒット・パレードで攻める今回のライブの方が個人的には好きですね~。
しかしこの人達はもう50歳に近いのにカッコイイです。特にトミー!

終演後の会場出てスグの公演告知の看板前で写真とる人多数!
係の人が「写真はここからお入り下さい」というのにはちょっと笑いました。
期待したものに100%以上で応えてくれるこのバンドは華があって、いつ観てももう一度観たいと思わせてくれるライブをやってくれる凄いバンドです。

話はそれますがファン・サイトによると来日早々ヴィンスがストリップ・バーに行って二人ゲットしたらしいです(笑)
ホントに好きですねこの人~(笑)

ちなみに、前回来日時のライブレポートも時間があればご覧下さい。

01. Kickstart My Heart
02. Wild Side
03. Shout At The Devil [ '97 Style ]
04. Saints Of Los Angeles  - Mick Mars Solo -
05. Live Wire
06. Sick Love Song
07. Louder Than Hell
08. Mutherfucker Of The Year
09. Don't Go Away Mad (Just Go Away)
10. Same Ol' Situation (S.O.S)
11. Primal Scream
12. Looks That Kill
13. Girls, Girls, Girls
14. Dr. Feelgood --- ENCORE ---
15. Home Sweet Home

| | コメント (2) | トラックバック (0)

音楽界で最もムカつく人物トップ10

ほお~。こんなランキングが!
音楽サイト『Gigwise』で「音楽界で最もムカつく人物」だそうなのですが・・・(笑)
ランキングは以下の通りです。

音楽界で最もムカつく人物トップ10
1位 Prince
2位 Akon
3位 Michael Bolton
4位 Miley Cyrus
5位 Chad Kroeger
6位 Ringo Starr
7位 Axl Rose
8位 John Lydon
9位 Jessica Simpson
10位 Bono

まあランキングに入るということは人気や話題性があるとは思うので、何もないよりはいいとは思うのですが…。
20年近くアルバムを出していないガンズのこの人はさすがですね。
(いよいよ今年出すらしいですが)
プリンスってそんなにムカつきますかね?
気持ち悪いランキングがあればもちろん入ると思うのですが(笑)
ちなみに、11位はKISSのジーン・シモンズでした。
(分かるわコレ)
12位はR・ケリーです。
それ以外のランキングなど詳しくはGigwiseで。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

シガー・ロス、大阪公演行ってきました!

シガー・ロスのライブに行ってきました。
大阪は厚生年金会館だったのですが、1階は段差があって観やすいです。
個人的に1階の良席ゲットできたのでラッキー。

ライブの選曲や演出など良かったです。
始まりなんかも、渋くってしびれますね~。
独特な空気感や雰囲気はSigur Rosならではなので。
客席も途中までは真っ暗で雰囲気は抜群。
静寂&まったりでじっくり聴けて楽しめました。
他のバンドにはないライブが楽しめたのでgood。

ただ時間は思ったよりも短くってあっという間という感じ。
何曲かの聴きたい曲もあったので聴けず残念。
また次の来日に期待しましょう。
またすぐに来日してほしいですね~。

セットリスト
2008.10.24 大阪
1 Svefn-G
2 Glosoli
3 Ny batteri
4 Fljotavik
5 Vid Spikum Endalaust
6 Hoppipolla
7 Meo bloo
8 Inni Mer Syngur
9 Heysatan
10 Saeglopur
11 Festival
12 Gobbledigook
13 All AlRight
14 Popplagid

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Agatis Byrjun/Sigur Ros

今日ももうすぐ大阪公演のあるSigur Rosの2ndです。
アルバムを最新から昔にさかのぼってレビューしています。
Ágætis Byrjun
Ágætis Byrjun

この『Agatis Byrjun』は、初期のアルバムらしくとにかく繊細でピュアなんです。
極上の美しい曲がたくさん詰まっています。
キラキラとした原石のような素晴らしいアルバムだと思います。
初めて彼らの曲を聴いた時はこんな音楽もあるのかと正直ビックリしましたね~。

個人的には②『Svefn-g-englar』、⑦『Vidrar Vel Til Loftarasa』が大好きです。
そしてアルバムのタイトルにもなっている⑨『Agatis Byrjun』も最高ですよ。
まだじっくり聴いたことがない人は、とにかく一度聴いてみて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

( )/Sigur Ros

大阪公演前なので最近またはまって聴いてSigur Rosの『(    )』。
メジャーデビュー後初めてリリースされた通算3枚目です。
Sigur Ros
Sigur Ros

これはアルバム名も曲名も一見ついていない不思議なアルバムです。
全曲『Untitled 1 ("Vaka")』~のようになっていて、アルバム通して聴いていると、より深い思いが伝わってくるような気がしてきます。
最新作もいいけど、やっぱりシガー・ロスはこういう今にも割れそうなガラスのような繊細さが一番似合ってしまいます。
そして繊細だけでなくこのアルバムは聴いていると感傷的な気持ちになります。
既存の音楽の中には彼らに似た音楽が、なかなか見つからないんです。
それだけオリジナル色が強いんでしょうね。
個人的におすすめなのは①、③、⑧です。最高です。
とにかく音楽そのものが海の底のように深くて、それでいて遠くから光が射しているようなイメージが表現としてはピッタリくるような気がします。
人によっては一度はまったらぬけられないような中毒性がありますね。
ちなみにシガー・ロスはこのアルバムでグラミー賞も獲得しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Takk.../Sigur Ros

Sigur Rosの4thアルバム。
この『Takk』には、新作『残響』(記事)とはまた違う感動があります。
Takk...
Takk...

 本当にシガー・ロスのアルバムは全て幻想的で神々しいのですが、この『Takk』も聴いているとまるで心が洗われていくようです。
いきなり2曲目『Glosoli』からビックリするほど美しい曲のオンパレードで、このアルバムは聴く人によって相当受ける感覚が違うと思います。
僕のように好きな人は、かなりはまってしまうと思います。
このアルバムで僕が一番好きなのは6曲目の『Saeglopur』ですね。
最初は静かに始まる曲なのに、徐々に激しく揺さぶられるような曲展開なので、初めて聴いた時はかなり衝撃を受けました。
一度シガー・ロスを聴き始めると中毒性があるので抜け出せなくなります。
それも良い音楽を彼らが作ってるって事なんだと思いますが。
このジャケットも絵本みたいで、あたたかみがあって好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust/Sigur Ros

もうすぐ来日公演の、Sigur Rosの新作を最近よく気に入って聴いています。
Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust
Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust

シガー・ロスのこのアルバムの日本タイトルは「残響」なんですね。
一言で言うと神々しくて、心が洗われていく心地好い空気感があるそんな癒しもあるアルバムです。
このバンドの場合全てのアルバムが神々しいような気がするし、心に響いてきますね。
内容はジャケットそのまんまの世界観で、『Agaetis Byrjun』や『Takk...』も大好きなんですが、
またまた違った独特の世界観で進んでいっている気がします。
少しダークな世界観があった今までのアルバムと比べると全体的に穏やかな印象で一皮むけたような気がします。
言葉では言いあらわせないこの素晴らしさはとにかく聴いてみないとわからないので、まだよく聴いたことがない人は一度じっくりと聴いてみて下さい。
実はシガー・ロス好きな僕ですが、このブログには合わない気がしますね(笑)
来週にはいよいよ大阪公演であるので、どんなすごいライブか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英メタル誌「METAL HAMMER」のスタッフの『過大評価されているバンドトップ10』

英メタル誌「METAL HAMMER」のスタッフによる、
過大評価されているバンドトップ10』がブログで発表され賛否両論となっているようです。

ランキングには、なんとビートルズピンク・フロイドエリック・クラプトン
そして、もうすぐ来月に来日公演があるザ・フーといったビックネームたちも名を連ねているらしいです。

クイーンが入っていないのは、どんな人からも評価が高いのでしょうか?
さすがイギリス。しかしビートルズとは・・・。
これ見てると思いっきり各人の趣味というか趣向が入っているとおもうのですが。
というかマノウォーが多く入っているのですが、アチラではそんなに人気があるのでしょうか?
日本ではそもそもランキングに絶対入らないと思います(笑)

ちなみにマノウォーを知らない人のために写真

このマノウォー、今年にギネス・ブック記録を樹立しています(笑)内容は以下に貼っておきます。

“世界一長いヘヴィ・メタル・コンサート”。
これは昨年達成した3時間という記録を自ら塗り替えようという試み。
7月5日、ブルガリアにて開催の “Kaliakra Rock Festival 2008”にて、なんと40曲以上、5時間1分(5時間でよかったのに……)に及ぶ演奏を披露したとのこと。
MOTORHEAD(モーターヘッド)級に熱狂的なファンを抱えるMANOWAR。
会場前から数千人のファンが歴史的瞬間を目撃しようと押しかけ、20,000人ものファンが集まり大盛り上がりのコンサートとなったようです。4時間半ぶっ続けで演奏し、ギネス記録が樹立されたことを宣言~といった内容。日本ではまず考えられないですね。

過大評価されているバンドTOP10の詳しい記事はbounceで。
METAL HAMMERのオフィシャルサイト「METAL HAMMER」

UK-Japan 2008 WEBサイトに記事 掲載!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ版「デトロイト・メタル・シティ」

漫画、映画に続いて今度はアニメ「デトロイト・メタル・シティ」を見ました。
デトロイト・メタル・シティ  DVD-BOX(4枚組)
デトロイト・メタル・シティ  DVD-BOX(4枚組)

やはり面白い!
原作に忠実な内容でやや淡々と進行していきますが、笑いは100%保証してくれます。
ややセリフが話し方が早いからか聞き取りにくいのですが、原作の世界観をそのままアニメにしているのが好感がもてますよ。
声優陣がへ~という顔ぶれなんでチェックしてみて下さい。
早く続編を作ってほしい!
やや下品ですがオトナも観れるアニメです。
これを見て気に入ったら原作を読むのをお勧めします。
各国から映画化のオファーがきているようですがどうなることやら・・・原作のイメージが損なわれるのでは?と、やや不安です。
そして原作の漫画↓やっぱりこれが一番面白い!
デトロイト・メタル・シティ 1 (1) (ジェッツコミックス) デトロイト・メタル・シティ 2 (2) (ジェッツコミックス) デトロイト・メタル・シティ 3 (3) (ジェッツコミックス) デトロイト・メタル・シティ 4 (4) (ジェッツコミックス) デトロイト・メタル・シティ 5 (5) (ジェッツコミックス) デトロイト・メタル・シティ 6 (6) (ジェッツコミックス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レディオヘッド大阪公演2日目に行ってきました!

081002 さっきレディオヘッド大阪公演の2日目を観て帰ってきました。
昨日の記事

写真は戦利品のTシャツとFoEの「The Big Ask」キャンペーンのポストカード。

今日はバンドの雰囲気も少し変わってリラックスモードへ。
セットリストも『In Rainbows』以外は昨日とほぼ変わっていて、大好きな『No Surprises』や『Karma Police』が聴けました。
そして、なんと『Just』をやってくれました!
もうこれが聴けたので本望です・・・。

セットリスト
1. Reckoner
2. Optimistic
3. There There
4. 15 Step
5. All I Need
6. You and Whose Army?
7. Weird Fishes/Arpeggi
8. The Gloaming
9. Videotape
10. Morning Bell
11. Faust Arp
12. No Surprises
13. Jigsaw Falling Into Place
14. Idioteque
15. The National Anthem
16. Nude
17. Bodysnatchers

encore1
18. Airbag
19. Knives Out
20. Just
21. Where I End and You Begin
22. Planet Telex

encore2
23. Cymbal Rush →Fog
24. Karma Police
25. Everything In Its Right Place

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レディオヘッド大阪公演初日に行ってきました!

1001_2 今日レディオヘッド大阪初日に行ってきました!

まずはあんまり関係ないですが、右のようなポスターがいっぱい貼ってあったので思わずパンフもらってきてしまいました。
レディオヘッドファンへモッシュ・ダイブ禁止の案内らしいのですが…ファン層的にポスターが無くても大丈夫な気が(笑)

会場に着き、グッズを物色後、しばらくして会場へ。
開演後すぐに前座が始まり30分ほど。
その後ツアーのあのセット組みなどで、だいたい7時半ぐらいから始まりました。
まず一曲目、15 Stepからスタートしました。
久しぶりのライブでもメンバーはご機嫌でいいカンジ。
全くブランクを感じず今までもまるでツアー中のようです。
途中でふと思ったんですが、『In Rainbows』全部が演奏されるかも?とちょっとビックリ。
個人的には昔の曲をもう少しやって欲しいという希望もあるのですが…。
それでも意外な曲も演奏されていて十分楽しめました!
とりあえずこのへんで今日は終了。
また明日も行ってきま~す!

セットリスト
1. 15Step
2. There There
3. The National Anthem
4. All I Need
5. Pyramid Song
6. Talk Show Host
7. Nude
8. Weird Fishes/Arpeggi
9. The Gloaming
10. Faust Arp
11. Videotape
12. Reckoner
13. Optimistic
14. Jigsaw Falling Into Place
15. The Bends
16. Exit Music
17. Bodysnatchers

encore1
18. House of Cards
19. Climbing Up The Walls
20. Paranoid Android
21. Dollars & Cents
22. Everything In Its Right Place

encore2
23. Like Spinning Plates
24. Lucky
25. Idioteque

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »