« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

KERRANG!の表紙が怖い

『Kerrang! No.1219』の付録で、
Iron Maidenのカヴァー・アルバムが付くというのは知っている方も多いと思います。

HMVでも販売していましたが、即日完売した模様です。
僕が注目するのは、9号連続のこの表紙です。
『ラウド・パーク2008』で来日予定のスリップ・ノットです。
子供に見せれないですね・・・。
心臓の弱い方は特にご注意を!

表紙はこちらから見れます。→Kerrang!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

Ij6 毎日暑いですね。
すっかり夏休み気分です。
先日『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカル』の王国を観てきました。

普通に観れば面白い映画なのですが・・・。
僕みたいに全盛期に観ながら育ったファンが、期待して観てしまうと…。
はっきりいって賛否両論でしょうね。
確かに最新技術による映像で迫力はあるし、ワクワク感もあるのですが、何かが…。
娯楽映画のディズニー映画に近い作風だったので個人的には残念でした。
ただ僕の感想ですので拍手喝さいの方も多いとは思いますが(笑)
やっぱり僕が一番好きなのは、第2作目の『魔宮の伝説」ですね。傑作です。
しかしインディ、年くったな~。(年齢を考えると当然なのですが…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Black Crowes/Black Crowes

ブラック・クロウズの最新作にして傑作が誕生!
Warpaint
Warpaint

前作は一体何だったんだろう?
そう思えるくらい素晴らしい出来じゃないですか!
激シブな内容で、正直言って派手さはないのですが、見事な枯れ具合で他のバンドには出せない魅力がプンプンしています。
①『Goodbye Daughters of the Revolution』はこのバンドのことが好きであれば誰もが好きになれる曲。
2曲目からは、少し渋い展開の曲が続きます。
イマドキの音楽が好きな人にとってはちょっと退屈かも?
個人的なツボは⑤の『Wee Who See the Deep』と、⑥『Locust Street』が大好きです。
この2曲があったのでアルバムも中だるみすることなく一気に聴けました。
最近は収録時間が長いアーティストが多いのですが、このアルバムはトータル・タイムもそこまで長くなくて好感が持てました。
ただ⑪Whoa Mule がもっとピリッとすればもっとアルバム全体が引き締まったと思います。
サウンドも前作よりも今回の新作の方が断然いいです!
(個人的な好みかもしれませんが)
70年代ロックが好きな人にはもちろん、現代ロックが好きな人にも聴いてもらいたい1枚です。
全米でもかなり上位にくい込んだみたいですし、ここ日本でも人気が再燃するといいですね~。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

歴代ベスト・カバー曲&最悪カバー曲ベスト5

ギター専門誌『Total Guitar』が発表した
「歴代ベスト・カバー曲と最悪カバー曲のランキング」。
このランキング、面白いですね(笑)

個人的には2位のビートルズの「Twist And Shout」は好きですね~。

最悪カバー栄光の第1位は、セリーヌ・ディオンのAC/DCの曲のカバーです!
是非映像を見てください。
これはもう、はっきり言ってアホです(笑)
映像はこちらで観れます→YOUTUBE

Best Cover Songs
1位 Jimi Hendrix - All Along The Watchtower (Bob Dylan)
2位 The Beatles - Twist And Shout (The Top Notes)
3位 Guns N' Roses - Live And Let Die (Wings)
4位 Nirvana - The Man Who Sold the World (David Bowie)
5位 Muse - Feeling Good (Anthony Newley and Leslie Bricusse)

Worst Cover Songs
1位 Celine Dion - You Shook Me All Night Long (AC/DC)
2位 Girls Aloud / Sugababes - Walk This Way (Run DMC and Aerosmith)
3位 Westlife - More Than Words (Extreme)
4位 Will Young - Light My Fire (The Doors)
5位 The Mike Flowers Pops - Wonderwall (Oasis)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »