« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

今年1年ありがとうございました!今年のベストアルバム考えてみました。

2007年も、もうすぐ終わりですね。
僕は今年もとても忙しかったのであっという間の1年で、もう年末かという気分ですが・・・。
今年1年を振り返ってみて僕にとってのベストアルバムを少し考えてみました。
Icky Thump
Icky Thump

今年のベストアルバム
いろんな話題作もありましたが、僕はホワイトストライプスのIcky Thump(イッキー・サンプ が一番よく聴いていました。
最初は何コレってカンジなのですが、どんどん聴くうちに中毒に。
まだ体験したことのない人は是非。

今年のベストDVD
気になるDVDも今年多く発売されていましたが、一番感動してしまったのは 覇響 デヴィッド・ギルモア です。驚異もいいがこちらもロック・ファンは必見。グラハム・ナッシュやデヴィッド・クロスビーの共演は素晴らし(D・ボウイも)かったですがなんといってもロバート・ワイアットかな~車椅子での共演なのですがこれがまた感動。必見&芸術です。
覇響
覇響

今年のベストライブパフォーマンス
今年行ったライブの中で一番最高だったのは Nine Inch Nailsでした。
ゼップ大阪という親密(濃密)な空間での素晴らしいライブでした。
小規模な照明、ステージなのですが計算しつくされ、なおかつロックな凶暴性、会場の一体感!言い出せばきりがない位いいライブでした。いや~、また観たい!

そして最後に…。
ブログも更新ペースが今年は落ちることが多かったのですが、それでも皆さんにコメントなどをいただけてブログを続けていく励みにもなりました。
本当に今年もお世話になった方々、どうもありがとうございました。
来年もぜひよろしくお願いいたします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マザーシップ/レッド・ツェッペリン・ベスト

今年最後のレビューです。
今日は最近奇跡の再結成で世界中が騒然&感動、全てのバンドが目標とする最強バンド、レッド・ツェッペリンの最新ベストアルバム『マザーシップ』を!
マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト【デラックス・エディション】

僕は「またベストか~」と思いながらも気になって聴いたのですが、やはり良かった!
まず、とにかく音質が以前のリマスターの一連に比べてはるかに向上しています。
しかも曲順は年代順でほぼ代表曲は網羅されていますし、これだけの曲が入っていながらこの価格というのも割安なので嬉しいところです。
もうこのバンドは語りつくされているので割愛しますが、まだこのベストを聴いていない人にはぜひ一度騙されたと思って聴いてほしいです。
曲の構造が現代のバンドとは全く違うので(古くさいという意味ではなく)最初は抵抗があるかもしれませんが、気に入ってくると最上のカタルシスを味わえますよ。
そして深遠なバンドの魅力にとりつかれるはずです。
もうこんなバンド絶対に出てこないというぐらいに偉大なバンドなんですから!
こうなったら全アルバム最新リマスター&ワールド・ツアーで来日してほしいです!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年度ツアートップ10

2007年に最も収益を上げたツアー・トップ10が発表されました。
ランキングは以下の通りです。

2007年最も収益を上げたツアー・トップ10
1.ザ・ポリス(1億3,190万ドル)
2.ケニー・チェズニー(7,110万ドル)
3.ジャスティン・ティンバーレイク(7,060万ドル)
4.セリーヌ・ディオン(6,530万ドル)
5.ヴァン・ヘイレン(5,670万ドル)
6.ティム・マッグロウ&フェイス・ヒル(5,230万ドル)
7.ロッド・スチュワート(4,900万ドル)
8.ジェネシス(4,760万ドル)
9.ジョシュ・グローバン(4,300万ドル)
10.ラスカル・フラッツ(4,150万ドル)

さすが1位のポリスは圧倒的な強さ!
5位や8位の復活組もさすがといったところでしょうか。
ただ僕は何でもかんでも復活すればいいというものではないとは思うのですが…。
でもやっぱりオリジナル・メンバーや全盛期のメンバーに近い状態で観られるのはファンでなくとも、嬉しいものですもんね。

ツェペリンをウドー・フェスとかで、AC/DCやピンク・フロイドと一緒に観たいですね~。
ぜひ頼みますよウドーさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最低なクリスマス・ソング12曲

AOLのエンターテイメント・ニュース・サイト『Spinner.com』が選んだ
最低なクリスマス・ソング12曲が発表されました。
セレクトされた曲は以下のとおりです。

1. Band Aid - Do They Know It's Christmas
2. John Denver - Please, Daddy (Don't Get Drunk This Christmas)
3. No Doubt - Oi to the World
4. The Ramones - Merry Christmas (I Don't Wanna Fight Tonight)
5. Clay Aiken - Merry Christmas With Love
6. The Beach Boys - Santa's Beard
7. Cyndi Lauper - Christmas Conga
8. Bruce Springsteen - Santa Claus Is Comin' to Town
9. Destiny's Child - 8 Days of Christmas
10. The Smashing Pumpkins - Christmastime
11. Paul McCartney - Wonderful Christmastime
12. Madonna - Santa Baby

詳しくは最低なクリスマス・ソングにて。

1位の曲は僕もあまり好きでは・・というかほとんど好きじゃないかも(笑)

ここ日本でも最低なクリスマスソングはありますが(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最悪ジャケット・アルバムベスト10

このランキングは最悪ジャケばかりとのことなのですが、さすがにホント趣味が悪いものばかりなんですよね~。(汗)
Hey Venus!

全てデザインセンスを疑ってしまうものばかりですね~。
どんな内容なのかはさて置き、やっぱりいいアルバムは
ジャケットも凝っていると思うんですが・・・。一部のアルバムを載せているだけでも、やばいですよね(笑)
Introducing Joss Stone
詳しい記事は最悪ジャケット・アルバム
さらにもっと詳しく見たい方は最悪ジャケット・アルバム20にて見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツェッペリンのパフォーマンスに絶賛の嵐!

レッド・ツェッペリンの奇跡の再結成ライブ
終了後にバック・カタログの売り上げが500%増だとか。

あのオアシスの2人や、なぜかERIKAも大絶賛し、フーファイのデイブ・クロールも「俺より上手い」(ドラムのジェイソンの事)等々・・・。
各方面からは概ね好評のよううで一安心。
僕もYoutubeで観ましたが、パソコンの小さい画面でさえも、鳥肌がたちました!
ギターのチューニングを落としていても、声は昔ほど出なくても、まさにツェッペリンでした。
いや本当に感動、そして安心しました。
内心映像を見るまでは、ライブが散々な結果にならないかとビクビクしてましたがここまでとは予想をはるかに超えていました。
もう周りも同窓会みたいなノリかもしれませんが・・・。
こうなったら世界ツアーをして、伝説終焉の花道を作ってほしいものです。
一度でいいからナマで観てみたい!
そう思わせる最初で最後の大物の再結成ではないでしょうか。

そんな状況な時にロバート・プラントのツアー日程のニュースが・・・。
内容に愕然としました(苦笑)詳しい記事はツェッペリンのパフォーマンス!で。
最近は再結成ブームですが、再結成すればいいというもんではありませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

フラメンコでメタリカとツェッペリン!

世界は広いですね~!
これはお見事です。

フラメンコというのはみなさん知っていると思うのですが、こんなフラメンコを僕は聴いたことありません。
たまたまラジオで聴いて興味を持ったのですが、聴いてみてホンとに驚愕しました!
これメタリカの『オリオン』じゃねぇか~。
ゲェッ!レッド・ツェッペリンの『天国への階段』がこんなフラメンコに。
アレンジは原曲に忠実で、そしてかつ情熱的に演奏されています。
ちなみに、ギターは激ウマです。

その名はRodrigo Y Gabriela
こちらで聴けますのでぜひ一度聴いてみてください!→視聴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Echoes, Silence, Patience & Grace/Foo Fighters

フーファイの最新作で内容はいつものフーファイ(笑)前作は上回っている出来でファンは納得の仕上がりでしょう。
Echoes, Silence, Patience & Grace
Echoes, Silence, Patience & Grace

特に①Pretender から始まって、④Long Road to Ruin への流れは絶品で、アグレッシブな曲が好きな人には大満足の出来となっていますよ。
さらに続く⑥Stranger Things Have Happenedの、小粒ながら美しい曲は個人的にgood!
ややフーファイは一本調子なトコもあるバンドですが、それを魅力にもしているところが凄いですね。
これはもうワンパターンの美学でしょうか・・・?
やっぱり僕個人的な希望は、小さい会場でぜひ観たいですね。
またフェスもありかな~?来日に期待しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »