« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

再結成して欲しいバンドトップ10

ヨーロッパの音楽チャンネルMusic Choiceによる「再結成して欲しいバンドトップ10」が発表されました。5,000人のミュージック・ファンが参加した一般投票の結果です。

再結成して欲しいバンドトップ10
1.ピンク・フロイド
2.アバ
3.ガンズ&ローゼズ
4.ザ・ジャム
5.トーキング・ヘッズ
6.フージーズ
7.ヴァン・ヘイレン
8.ワム!
9.スパンダー・バレエ
10.ボーイゾーン


予想通りの1位はLive 8での再結成パフォーマンスが素晴らしかったピンク・フロイド。
再結成して日本にぜひ来て欲しいものです!


ちなみに解散したほうがいいのではという不名誉なバンドには、オアシス・ストーンズ・コールドプレイたちの名前が挙がっているみたいです。他にも早く解散した方がいいバンドがあると思いますが・・・。ピストルズがまた再結成するそうですが、やめて欲しいと思うのは僕だけでしょうか?そしてZEPは一体どうなるのでしょうか・・・。
個人的には解散してほしいバンドトップ10を詳しく見たいと思ってしまいます(笑)
詳しい記事は再結成して欲しいバンド

| | コメント (6) | トラックバック (0)

稼ぎのいいミュージシャントップ10

もの凄い稼ぎっぷりですね、ストーンズ。隠居はまだまだ先でしょうか?
昨年6月からの1年間で最も収入が多かったミュージシャンのトップ10が発表されました。

順位は以下をご覧下さい。

最も収入が多かったミュージシャンのトップ10

1.ローリング・ストーンズ(8,800万ドル/約101億円)
2.ジェイ・Z(8,300万ドル/約95億円)
3.マドンナ(7,200万ドル/約82億円)
4.ボン・ジョヴィ(6,700万ドル/約77億円)
5.エルトン・ジョン(5,300万ドル/約61億円)
6.セリーヌ・ディオン(4,500万ドル/約52億円)
7.ティム・マッグロウ(3,700万ドル/約43億円)
8.50セント(3,300万ドル/約38億円)
9.U2(3,000万ドル/約35億円)
10.P.ディディ(2,300万ドル/約26億円)

なるほど、といえるランキング結果ですね。
さすがのストーンズってカンジですね。
もっともっと新人には頑張ってほしいものです。
しかし、納得の人もいれば意外な人もいますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レゴでビートルズ!

070326thumb140x140_429362159_a24bc9ビートルズが好きな人や面白いネタが好きな人は一度見てください。
レゴでビートルズのあのアルバムのジャケットを再現しています。
レゴでビートルズで見れます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Libertad/Velvet Revolver

前作(1st)が全米No・1の大ヒットをとばしたスーパー・バンドVelvet Revolverの2枚目。
Libertad
Libertad

ガツンとしたロックや前作の延長や、ガンズの1stみたいなのを期待していた人にとっては肩すかしのアルバムになったのでは?と思いますが、ストテンが好きだった人やメロディーを求めていた人はきっと気に入るハズです。
僕は1stよりもこちらのアルバムの方が断然好きなので大歓迎ですね。
何故かというとボーカルの声が好きだか ら、あまりハードすぎる曲よりも今回の幅広い楽曲が好みなのです。
いつまでたってもガンズと比較されるのでしょうが、全く別のバンドだと思いますし、こうしていいア ルバム作っているのですから本人たちは絶対幸せなはずなのです。

4曲目までは完璧な流れでオ~っとなるのですが、やや中だるみをしている気もしますが。
しかしながら、各楽曲はコンパクトにまとまっていて全体的にはいいアルバムに仕上がっています。
僕の個人的に好きなのは③Get Out The Doorです、一番好きかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Send Away The Tigers/MANIC STREET PREACHERS

今年のサマソニでも存在感抜群で、感動のライブだったマニックスの現時点での最新作。なにかふっきれたかのような曲が多く最近のアルバムの中ではベストの出来だと思います。
Send Away the Tigers
Send Away the Tigers

このアルバムでまたファンになった人も多いのではないでしょうか?
トータル・タイムも僕好みな40分を切っていて、各楽曲に無駄がなく引き締まったアルバムとなりましたね。
まるで贅肉をそぎ落としたかのような爽快な印象です。
1曲目から完全に攻めの体制で、一気に最後まで聴かせてくれますよ。
最近はあまりマニックスを聴いてなかったのですが、偶然③Your Love Alone Is Not Enough を聴いてハマリ、調べてみるとなんとカーディガンズのニーナと共演しているではありませんか!
数曲聴いてからサマソニでライブを体験しましたが、このアルバムを先に聴いてライブに行けばよかったかなと少し後悔したのも最近の出来事です。
サマソニのライブを回想しながら、最近は一番このアルバムを聴いています。
どう表現すればいいのか分かりませんが、仕事が終わったあとに聴くと魂が開放されるような錯覚に陥るいいアルバムですよ。ぜひ単独を見たい~!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

DVDにお金がかかる

最近は新作ラッシュですが、DVDリリースも激しくて僕の財布を直撃しています。
そこで絶対に購入するであろうDVDをここでまとめてみました。

Remember That Night: Live From Royal Albert Hall
Remember That Night: Live From Royal Albert Hall

『ヘルプ!4人はアイドル』Beatles
ヘルプ!4人はアイドル デラッ
ビートルズ
B000VR1LRS
特典に期待!しかし通常盤と限定盤に一万四千円も差額があるのはたまりませんね~。
ビートルズだから売れるのでしょうけども・・・。
いつもアホか!と思いながら無条件に買ってしまう自分がイヤですね(笑)

『Mccartney Years  』Paul McCartney
ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 (初回生産限定特別価格)
ポール・マッカートニー
3枚組DVDで全42曲のPV収録。
ライブ映像が盛りだくさんなのでかなり楽しみにしています。
見るのに相当時間がかかるでしょうが、寝る前の精神安定剤になると思うので重宝しそうです。キャリア総括?早く来日して下さい。

『Remember That Night: Live From The Royal Albert Hall』David Gilmour
これは個人的にかなり楽しみです。
しっとり大人のライブで秋の夜長に楽しめそうです。特典も盛りだくさんです。

以上いったいオマエは何が好きなんだ!と言われそうなラインナップですが、
好きなものは好きなのです(笑)
しかし本当に音楽好きって、お金がかかってしまいますね~。
まあ学生時代に手に入れれなかったものが、いまは購入できるのでやはりありがたいのですが時間がない僕にとっては悲しくもありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイ・ハード4

Diehard4見ましたか?ダイ・ハード4」。
この映画を見たという人も結構多いのではと思います。ちょっといまさらですが載せてみます。

今回は・・・というよりもいつもなのですが、アクションが凄そうなのと、シリーズ全てを僕は劇場で見ているせいもあって、時間があった夏の連休中にワクワクしながら劇場へ足を運んだのですが・・・。
コレが面白いのなんのって!
周りにあるもの全てを破壊してるんじゃないかと思えるぐらいムチャクチャでハチャメチャな主人公をB・ウイリスが好演していて、成長した娘や国のためにまたまた命をかけて戦うひたむきな姿に拍手ですね。
ストーリーはこのシリーズはいつもたいした事はないのですが、テンポがなんと言ってもいいんですよね~。
意味のない爆発の連続した映画は普通つまらないものなのですが、この映画はテンポよくて、ハイパーなアクションが最後まで持続していて画面にひきつけられますね。
見ていて気分爽快で、生身のアクションにはやはり僕は惹かれてしまいます。
パート3でややこのシリーズも陰りが見えましたが、この4でマクレーンは完全復活しました!
アクション好きな人やスカッとしたい人はこのタイプの映画は劇場へ足を運んで見るべき映画だと思いますね。
カンケーないですが、劇中出てきたSTARWARSオタク、
全米にはああいったオタクがたくさんいるのでしょか?と素朴な疑問を持ちつつ・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »