« ウドー・ミュージック・フェスティバル大阪に行ってきました!3 | トップページ | 海外ロックフェス事情6 »

2006年上半期ツアー収益トップ10

2006年度、上半期のツアー収益のトップ10が発表されました。 大御所の中でもコールドプレイは健闘していて、復活のビリー・ジョエルはさすがですよね。
3位のボン・ジョヴィは根強い人気ですし、6位のエアロはアルバムも発表していないのにこれはスゴイ!と思います。



2006年度上半期のツアー収益のトップ10
1  ローリング・ストーンズ
2  U2
3  ボン・ジョヴィ
4  ビリー・ジョエル
5  シルク・ドゥ・ソレイユ
6  エアロスミス
7  コールドプレイ
8  ルイス・ミゲル
9   トランス・シベリアン・オーケストラ
10 ポール・マッカートニー 

でも今回はあまり意外性のない結果でした。
そういえば、ビリー・ジョエルは来日するそうですね。
でもドームでは絶対観たくないですね。せめて1万人クラスのハコならばちょっと観たいような気が
します。

|

« ウドー・ミュージック・フェスティバル大阪に行ってきました!3 | トップページ | 海外ロックフェス事情6 »

ロックナンデモBest10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442899/7394186

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年上半期ツアー収益トップ10:

« ウドー・ミュージック・フェスティバル大阪に行ってきました!3 | トップページ | 海外ロックフェス事情6 »