« Eat Em And Smile/David Lee Roth | トップページ | イジー・ストラドリン »

ロックとの出会い、思い

僕がロックを聴き始めたきっかけは、小学生時代の音楽の授業でのBeatles
それからベスト盤の赤盤 (LP)を買って擦り切れるまで聴きました。
まさしく魂を揺さぶる音楽との出会いでしたね。
それからは数年間Beatlesのみで過ごして生活の中心はBeatlesでした。

そして中学ではブームだったTOP40ものをよく聴いていました。
(WhamやDuranやMadonnaとか)
そして第二の魂を揺さぶる音楽との出会いがあったのですが、Van Halenの5150。
ここからHR/HMへ・・・。モトリー、ラット、ガンズ、などの王道コース。
やっぱりこの頃のアルバムって青春時代を過ごしたからだと思うけど、とにかくいい曲が多かったような気がします。もちろんポップスも然り。
今の時代のロックってどうなの?
なんか印象に残るアルバムが少ないような気がしますね。
もちろんその反面いいロックもいっぱいありますが、焼き直しが多いしギターソロなんてないし、寿命が短くただウルサイのが多すぎる気がする。オコチャマのパンクバンドなんてホントに勘弁してほしいな、と・・・。
アルバムを聴いて違う世界に連れて行ってくれるような、偉大なバンドはもう出ないのかなあ~。
ただライブは昔のバンドがよく復活するので楽しみではあるのですが。
こんな事言ってても、今のバンドにもいいのが多いと思うのが矛盾していますよね。
たぶん後で振り返ればこの2000年代も生き残るバンドは残ると思うし、歴史に残るアルバムもガンガン出るだろうけど。~これだからロックはやめれないですね!

|

« Eat Em And Smile/David Lee Roth | トップページ | イジー・ストラドリン »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442899/7393932

この記事へのトラックバック一覧です: ロックとの出会い、思い:

« Eat Em And Smile/David Lee Roth | トップページ | イジー・ストラドリン »