« サハラ 死の砂漠を脱出せよ | トップページ | Sticky Fingers/The Rolling Stones »

ヘヴン

Img_20050712t172255829 ヘヴン(02年ドイツ・イギリス・アメリカ・フランス合作)をきのう観ました。
この映画の感想は、一言で言うととにかく主演の
ケイトブランシェットの静かながらも研ぎ澄まされた演技がとても光っていて、観始めた時から強烈に惹きつけられてしまいました。

またイタリア・トリノが舞台となっていてストーリーの物悲しい雰囲気にもとても合っていましたね。
終始静かな展開にも関わらず、重たすぎず登場人物それぞれの巧みな演技によって、何故か悲しいのに心温まるような不思議な感覚に陥ってしまいました。
観終わった後はなかなか普段味わえないものだったので、最近やけに多いアメリカンコメディーにはもう飽きたって人に特におすすめですよ。

|

« サハラ 死の砂漠を脱出せよ | トップページ | Sticky Fingers/The Rolling Stones »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442899/7393851

この記事へのトラックバック一覧です: ヘヴン:

« サハラ 死の砂漠を脱出せよ | トップページ | Sticky Fingers/The Rolling Stones »